屋根葺き替え時期は?【セメント瓦】

城北瓦 セメント瓦 屋根葺き替え 時期

セメント瓦の屋根葺き替え時期を知りたい方へ。

現在、家の屋根は雨漏りはしていなけれどかなり古い。このまま何もしなくて大丈夫なのかな。
どんなタイミングで屋根をリフォームしていいのかお悩みではないですか。

本記事では下記内容を解説します。
セメント瓦』の葺き替え時期の参考にしてみてください。

1.セメント瓦の屋根葺き替え時期を知りたい

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

1-1.セメント瓦の概要

セメント瓦とは、モルタルを混ぜ合わせて作られた『セメントの瓦』です。約30年程度前までは主に四国、九州地区を中心に多く製造されていました。その頃、今よく使われている陶器瓦(粘土)は?というと、当時はまだ高級瓦だった為、なかなかに手が届きにくい瓦でした。ですが、平成10年を過ぎた頃から『陶器瓦(粘土)』の価格が下がり、『メンテナンスフリー』という売り文句で一気に普及しました。この影響でセメント瓦』のメリットはほぼなくなり、最終的にはほとんどが廃盤の道を辿ることとなりました。

1-2.セメント瓦と陶器瓦の違い

セメント瓦と陶器瓦は見た目は似てますが性質は全く違うものです。

セメント瓦:セメントで作られたもの
陶器瓦:粘土で作られていて、表面に釉薬が塗られているもの

セメント瓦と陶器瓦を比較すると以下表の通りです。

項目 セメント瓦 陶器瓦
生産数 ごく僅か 多い
耐久性 約30年〜40年 約50年〜100年
色褪せ 約10年 約50年以上
防水性 低い 高い
費用 高い 安い

上の表から分かるように、『セメント瓦』の生産が少なくなり、1枚の瓦を作るコストも高くなりました。ただ、現在も屋根の上には多くの『セメント瓦』が乘っており、新しくリフォームするタイミングと方法が分からない状況ではないでしょうか。

次では屋根を新しくタイミングを紹介します。

1-3.屋根葺き替えのタイミング

『セメント瓦』の屋根を新しくリフォームする方法は2つあります。
1つ目は屋根塗装比較的安い費用で、見た目を新しくし、遮熱効果、耐久性を修復できます。『セメント瓦』10年毎に再塗装をすることで瓦の性能を維持し、約30年〜40年程使用できます。瓦の寿命まで使えるようにするには約2〜3回程度の塗装が必要です。再塗装をしないと防水性を失い、瓦の劣化を早めます。

城北瓦の屋根葺き替え

2つ目は屋根葺き替えです。古いセメント瓦を全て取り除いて、新しい屋根材に葺き替えます。最近の屋根材は優秀ですので、見た目、メンテナンス性が大幅に向上します。葺き替え後のメンテナンス時期は屋根材の種類によって違います。

現在、セメント瓦の生産がされなくなっておよそ20年以上が経過しています。多くの家のセメント瓦が寿命に近い状態ですので、塗装ではなく屋根葺き替えをオススメします。耐久年数を越えたセメント瓦を塗装をしても数年で割れや、ヒビが発生する可能性があります。

再塗装を選ぶ場合、今から30年以内葺き替えた屋根のみが対象です。
(近くにたまたまセメント瓦工場があって、手に入ったとか。瓦屋さんが持っていたとかだと思います。)

2.屋根材選びと費用感を知りたい

2-1.屋根選びをする前にやること

屋根葺き替え工事をする前に確認することがあります。

・『セメント瓦』の使用年数
・塗装した回数
・家のデザインと屋根の形状

セメント瓦』の寿命は10年毎の再塗装メンテナンスをして、ようやく約30年〜40年の耐久年数となります。塗装した回数が2回~3回以上になると次の再塗装の効果は薄くなります。瓦の寿命をしっかり把握して、瓦の葺き替え予定を立てましょう。

次に屋根の形状、家のデザインをチェックしましょう。

昔ながらの日本家屋を最近流行りのガルバリウム鋼板や、コロニアル、アスファルトシングルといった軽量屋根材に変えると重厚感がないので違和感を感じるかもしれません。工事自体はもちろん可能ですが、完成後に『想像してたものと違った…』ってことにならないよう、よく考えて選びましょう。ご自宅が昔ながらの日本家屋でしたら、スムーズに葺き替えができるのは『陶器瓦』です。特に違和感なく、瓦を新しくすることができます。

2-2.屋根工事の相場

屋根材の相場は以下表の通りです。あくまでも目安としてご参考ください。

※税別価格となります。

屋根材 工事費用 耐久年数
陶器瓦 9,500円/㎡~ 約50年〜100年
コロニアル 7,500円/㎡~
約15年~25年
(約10年毎に塗装)
アスファルトシングル 8,000円/㎡~
約20年
ガルバリウム 9,000円/㎡~

約20年~30年
(約10年毎に塗装)

※既存屋根の下地が痛んでる場合は、別途下地工事が必要となります。
※2004年迄のコロニアル(スレート屋根)をリフォーム(葺き替え)する場合は、別途アスベスト処理が必要となる場合があります。

<費用に含まれてないもの>
足場設置費 850円/㎡
※周辺環境、屋根の種類によって設置が必要となります。

陶器瓦

城北瓦の屋根葺き替え

コロニアル

花華 熊本北部店様

アスファルトシングル

アスファルトシングル

ガルバリウム

荒尾 ガルバリウム 屋根工事03

最近は震災が多いことから瓦の重さが心配で、瓦以外のコロニアルアスファルトシングルガルバリウムといった軽量屋根材を検討される方もいらっしゃいます。家のデザイン、屋根の形状が合えば、葺き替え可能です。

但し、下地が異なる為、コンパネ(コンクリートパネル)取り付け工事が必要です。

コンクリートパネル
コンパネ(コンクリートパネル)

2-3.セメント瓦の葺き替えは陶器瓦がオススメ

『セメント瓦』屋根葺き替えに限っては、費用面メンテナンス既存の家のデザインを考えても『陶器瓦』への葺き替えが一番スムーズです。同じ瓦同士での葺き替えなので、工事完了後も満足頂ける仕上がりになります。

また、『陶器瓦』の場合、屋根葺き替え後のメンテナンスが不要です。これは大きなポイントではないでしょうか。高齢になってからの余計な支出はしたくないものです。再度の工事の依頼・お見積り・打ち合わせも必要ないので安心です。但し、屋根材は一度葺き替えをすると簡単に取り換えできないので、それぞれの屋根材の特徴をよく知ってから選びましょう。

3.まとめ セメント瓦の屋根葺き替えの目安は30年〜40年です。

城北瓦のセメント瓦の劣化

ざっくりとセメント瓦の屋根葺き替え時期をまとめました。

1.30年〜40年以上の使用は葺き替え
2.30年以内の使用は再塗装も検討できる

これまで色々と紹介してきましたが、1番大切なのは見た目よりも、家を守ることです代々受け継がれたきた家に少しでも長く住むには適切な時期にメンテナンスをすることです。雨漏りしていなければすぐに工事をする必要はありませんが、セメント瓦の葺き替えは『30年〜40年を一つの目安』としてご参考頂けたらと思います。

詳しい費用を見る

お見積もりを依頼する


関連記事

  1. 城北瓦 屋根工事 カバー工法(重ね葺き) 解説
  2. 城北瓦 屋根リフォーム前 陶器瓦 セメント瓦の違い
  3. 城北瓦 三つ折りパンフレットが完成しました
  4. 城北瓦 LINE相談 使い方 説明
  5. 城北瓦 屋根材 相場 長所 短所
  6. 城北瓦 屋根の雨漏りの原因をまとめてみました




最近の記事

  1. カバー工法をする時の注意点 カバー工法は既存の屋根はそのままになるので、既存屋根の下地がしっかりしていることが条件です。 今回の場合、以前に台風で一部のスレート(コロニアル)が飛んで差し替えられていた箇所が施工不良で雨漏りが起きていました。その為、雨水が少しずつ下地に染み込んで下地の一部が腐っていた状態です。下地の一部のみが傷んでいる場合は事前に補修をすることで『カバー工法』ができます。
  2. 福岡 八女市 H様邸 屋根リフォーム
  3. 大牟田 屋根リフォーム カバー工法
  4. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  5. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
PAGE TOP