雨樋をタイプ別に紹介します!形状や素材などの種類を徹底解説!

雨樋には、いくつかの形状と様々な素材の雨樋があることをご存知でしょうか?雨樋の形状は、雨量や積雪量などの地域特性に応じて、適切な形状を選ぶことが可能です。また、雨樋の素材は価格やメンテナンスの必要性、耐久力、組み立てやすさ、流通量など、見た目以外にも様々な特徴があります。多くの雨樋の種類を知ると、それぞれに個性があって興味深いです。

雨樋は、注目されることが少ないですが、建物を守る重要な役割を果たしています。本記事では、多くの種類の雨樋を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

本記事の内容
・雨樋の役割
・雨樋の形状別の種類
・雨樋の素材別の種類
・様々な種類の特徴と価格の目安

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

雨樋の役割とは?

雨樋(あまどい)は、屋根に降った雨水を集めて、単に排水するためだけの設備だと思っていませんか?雨樋は、建物が雨水により受けるダメージを軽減しています。雨樋は雨漏りを防ぎ、建物を守る役割を果たしています。

あまり知られていませんが、雨樋は屋根から落ちた雨によって、外壁の塗装が剥がれてしまうことや、建物の基礎が傷んでしまうことを防いでいるのです。

雨樋の種類を形状別に解説!

この章では、雨樋の代表的な3つの形状について紹介します。

・半円型
・角型
・特殊型

ここからは、それぞれの形状について詳しく解説していきます。

半円型

昔から親しまれ、広く流通しているのが半円型の雨樋です。半円型は、和風住宅であっても、洋風住宅であっても馴染みやすいという特徴があります。

角型

角型は、半円型と比較して流水量が多いという特徴があります。最近は突発的に大雨が降るゲリラ豪雨が増えているため、採用する方も増えています。降水量が多い地域では特に支持されており、片方がせり上がったタイプの角型の雨樋もあります。角樋は半丸より費用が高くなります。

特殊型

東北地方や北海道などの積雪量が多い地域に多い雨樋です。雪かきの際に雪が雨樋にひっかかり、破損することや雪で雨樋が塞がってしまうことを防ぐため、特殊型の雨樋が使用されます。半円型角型と比較して、価格はやや高い傾向にあります。

雨樋の種類を素材別に解説!

この章では、雨樋の代表的な6つの素材について紹介します。

・塩化ビニール
・他の合成樹脂
・ガルバリウム鋼板
・銅
・アルミニウム
・ステンレス

それぞれの素材について詳しく解説していきます。

塩化ビニール

塩化ビニールは、低価格にもかかわらず組み立てが簡単で、種類が豊富なため住宅の形状に合わせやすいという特徴があります。雨樋の中でも、最もスタンダードな素材です。ホームセンターなどでも手に入りやすい素材です。

他の合成樹脂

樹脂の表面に紫外線に強い特殊な加工を施した合成合成樹脂は、見た目には塩化ビニールとの違いがわかりません。塩化ビニールよりも、価格は高くなりますが、耐久力が高いことが特徴です。紫外線に対してある程度の耐久性があり、価格は後ほど紹介する金属性雨樋よりもリーズナブルです。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、屋根材として最近では人気の素材です。錆びにくく耐久性があり、加工もしやすいという特徴があります。金属性の雨樋の中では、手頃な価格です。ガルバリウム鋼板を屋根に使っている場合は、統一感を出すために雨樋ガルバリウム鋼板にしてみるのはいかがでしょうか。

は、新しく設置したときは輝く銅色で、使い込めば味わいのある緑青色に変化するという特徴があります。高価な素材で、神社などで多く使用されている傾向があります。耐久性の高い素材ですが、近年の酸性雨などの自然環境の変化で築15年~20年で、穴が開いてしまうことがあるため注意が必要です。

アルミニウム

アルミニウムは、錆に強く、熱の影響をほとんど受けないことが特徴です。値段が高く、流通量が少ないですが、161mまで加工できるため、つなぎ目がなく、スタイリッシュな印象があります。

ステンレス

アルミニウムと同様に、錆に強く、耐久性が高いことが特徴です。つなぎ目が目立たないように、内側よりつなぐことができます。価格はアルミニウムよりも安いですが、アルミニウムと同様に流通量が少ない素材です。

雨樋の特徴と費用の目安

雨樋の種類別比較

比較表で見ると、ガルバリウム鋼板が最もよく見えますが、実際は塩化ビニールでも十分な耐久性があり、コストも抑えられるので、一般住宅でよく使われています。

塩化ビニール他の合成樹脂ガルバリウム鋼板
費用感✖️
耐久性
デザイン
雨樋の種類別比較

雨樋の工事費用の目安

雨樋工事の費用の目安となります。全体交換の場合、家の大きさによりますが、およそ15万〜50万円程度かかります。

項目費用
足場代850円/㎡
解体・処分費700円/m
軒樋工事4,000円〜7,000円/m
竪樋3,000円〜6,000円/m
集水器3,000円〜5,000円/箇所
合わせ枡3,000円〜5,000円/箇所
役物交換2,000円〜/箇所
諸経費工事費用の5%〜10%

まとめ:どんな雨樋も点検や掃除が大切です!

今回は、雨樋を形状や素材別に紹介しました。雨樋には、気候や温度、積雪量に応じたに応じた形状があります。地域特性を考慮して、適切な雨樋の形状を選択しましょう。また、塩化ビニールのように、安くて組み立てが容易な素材や、ガルバリウム鋼板のように塩化ビニールより価格は高いですが、錆にくく耐久性が高い素材など、特徴は様々です。

予算やメンテナンスを考慮して、建物の景観にあったあなたの住宅にピッタリの雨樋を選びましょう。どんな雨樋であったとしても、ゴミや枯れ葉が詰まってしまったり、破損してしまったりすることはあります。雨樋は、あなたの建物を守る大切な役割を果たしています。キレイに保ち、長く機能するように、点検や掃除をするようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる