ルーフィング(防水シート)とは?種類や特徴、役割を解説します。

ルーフィング(防水シート)
お客様
お客様
ルーフィング(防水シート)って何だろう?種類や特徴もあるのかな?詳しく知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。

▼本記事の内容
・ルーフィング(防水シート)とは
・ルーフィング(防水シート)の種類や特徴
・ルーフィング(防水シート)の貼り方

今すぐ屋根点検を依頼

というわけで今回は、ルーフィング(防水シート)について解説しています。

ルーフィングの特徴を知ることで、最適なルーフィングを選ぶことができます。

また、耐水性の強いルーフィングを使用することで、雨漏りのリスクを抑えられます。

ステップごとに分かりやすく紹介していきますので、ルーフィング(防水シート)について詳しく知りたい方は、是非参考にしてみてください。

目次

1.ルーフィング(防水シート)とは

ルーフィングとは、瓦屋根やスレート屋根などの屋根材の下に敷く下葺き材です。

1-1.ルーフィングの役割

①屋根材:一次防水
②ルーフィング:二次防水

台風などの雨風が強い時に万が一、屋根材の隙間から雨水が入ったとしても、このルーフィング(防水シート)が二次防水機能として働き、家への水の侵入を防ぎます。

そのため、ルーフィングは、屋根本体と同じくらい重要な建材です。

1-2.ルーフィングが必要な理由

屋根材のみで雨水を100%防ぐのは難しく、経過年数と共に劣化もします。そのため、二次防水のルーフィングを使用して、雨水を抑えるという設計が住宅建築では基本です。

実際、ルーフィング(防水シート)のみで雨水の浸透を防ぐことができます。

1-3.ルーフィングの効果

屋根材とルーフィング(防水シート)を組み合わせることで、屋根としての効果を最大限発揮します。

もちろん、ルーフィングにも、耐用年数がありますので、地域の気候条件や屋根形状に合わせて適切なルーフィングを選ぶことが大切です。

2.ルーフィング(防水シート)の特徴と費用

ルーフィング(防水シート)は色んな種類がありますが、国内でよく使われているのは以下の2種類で、半々くらいの割合です。

・アスファルトルーフィング940
・改質アスファルトルーフィング

2-1.アスファルトルーフィング940

出典:楽天市場

アスファルトルーフィング940は、ローコスト住宅や屋根のリフォームで使われている、必要最低限の機能が備わっているルーフィング(防水シート)です。

ルーフィング素材の中でも費用が安い割に、止水性も高いことで使われています。

一方で透湿性が低く、建材に結露が発生してしまう可能性があることや破れやすいのでメンテナンスコストがかかってしまうデメリットがあります。

費用 耐久性
200円〜/m 15年

2-2.改質アスファルトルーフィング

城北瓦のアスファルトシングル新築屋根工事 熊本市城南

改質アスファルトルーフィングは、名前の通り、アスファルトルーフィングの質を向上させたルーフィングです。

具体的には、アスファルトルーフィングの弱点である「耐久性の低さ」を改善しています。温度変化による劣化を改善し、防水性を長く保つことができます。

費用 耐久性
400円〜/m 30年

2-3.ルーフィング(防水シート)比較

種類 アスファルトルーフィング940 改質アスファルトルーフィング
費用 200円〜/m 400円〜/m
耐用年数 15年 30年
メリット ・費用が安い
・止水性が高い
・耐久性が高い
・止水性が高い
デメリット ・耐久性が低い
・湿気が溜まりやすい

・費用が高い

将来的なメンテナンスコストを考えると、改質アスファルトルーフィングがおすすめです。

弊社は、改質アスファルトルーフィングをスタンダードで使用しています。

3.ルーフィングの正しい貼り方

ルーフィングは屋根の二次防水として非常に重要な役割をしています。

貼り方を間違えると雨漏りの原因にもなります。

正しい貼り方を理解しておきましょう。

<ルーフィングの正しい貼り方>
①:軒先から棟先に向けて貼る
②:雨漏りしやすい部分を対策する
③:ルーフィングを留めていく

3-1.軒先から棟先に向けて貼る

ルーフィングの貼り方

ルーフィングは、軒先(下)から棟先(上)に向けて貼っていくことが基本的な施工方法です。

というのも、雨水は、棟先(上)から軒先(下)に向かって流れていきますので、水が入り込まないようにするためです。

3-2.雨漏りしやすい部分を対策する

基本的な部分の貼り付けが終われば、雨漏りしやすい部分を重点的に補強していきます。

谷樋などの雨漏りがしやすい部分は、重ねて施工します。

3-3.ルーフィングを留めていく

ルーフィングを屋根に留めていくときは、一般的にタッカーで留めていきます。

イメージ的には、大きなホッチキスでルーフィングシートを留めていく固定方法です。

<注意すること>
・ルーフィングを貼るときは、雨の日は避けましょう。スリップによる転落事故に繋がります。
・施工中にルーフィングの破れや傷、穴あきがあればその場で対処しましょう。 気付かずに屋根材を設置してしまうと、雨漏りの原因となります。

4.まとめ:ルーフィング(防水シート)選びは大切

ルーフィング(防水シート)は、雨水の侵入を守ってくれる最後の砦です。

いくら良い屋根材を使っても、ルーフィング(防水シート)の性能が低いと短い期間でメンテナンスが必要となる可能性が出てきます。

ルーフィング(防水シート)選びに困ったら、改質アスファルトルーフィング以上を選ぶことをおすすめします。

城北瓦 - 無料屋根点検・お見積もり依頼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

屋根工事専門の城北瓦株式会社で営業・マーケティングを担当。経験豊富な弊社営業・職人スタッフ監修の基、この記事を執筆しています。お客様のライフサイクルに合わせたご提案を心がけております。

コメント

コメントする

目次
閉じる