【再塗装が心配】コロニアル屋根ならコロニアルグラッサが一番長持ち!

コロニアルグラッサが長持ち
お客様

コロニアルって色んな種類があるけど、どれを選べばいいの?メリットやデメリットを知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・一般的なスレート屋根の特徴
・コロニアルグラッサの特徴や性質
・コロニアルグラッサが耐久である理由
・コロニアルグラッサの種類

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

というわけで今回は、国内の屋根材シェアNo1のケイミュー社が販売するコロニアルグラッサについて紹介していきます。

コロニアルグラッサについて知っていれば、リフォームの手間を軽減できます。

さらに、塗装の回数が減らすことで、リフォームにかかるコストも抑えられます。

コストパフォーマンスの高い屋根材を選んで、無駄な費用や手間を減らしましょう。

目次

コロニアルとは?日本で最も普及している屋根材

コロニアルグラッサ

コロニアル屋根は、日本で最も普及している人気の屋根ですカラーベストとも呼ばれていますが、同じ屋根のことを意味しています。

コロニアルは、木片パルプなどの繊維質がつなぎとして練り込まれている主成分がセメントの薄い板です。スレートは、屋根材として優れた特徴があります。

次では、人気のコロニアル屋根のメリットとデメリットを解説していきます。

コロニアルの特徴

コロニアル屋根にもメリットとデメリットがあります。屋根材の特徴を知っておくことで、効率的な屋根選びができます。

コロニアル(カラーベスト)のメリット

・瓦と比べて軽い
・価格が安い
・色が豊富

コロニアル屋根は、薄く軽量で耐震性に優れています。カラーやデザインが豊富で、価格が安いため、屋根材として人気があることも納得できます。

また、コロニアル屋根は施工方法や形状がシンプルで施工業者が多いです。トラブルのときやメンテナンスが必要なときでも相談できる業者が多く、トラブル解決のノウハウが豊富という良さもあります。

コロニアル(カラーベスト)のデメリット

・色褪せする
・苔が生えやすい
・ヒビ・割れやすい

人気のコロニアル屋根ですが、定期的なメンテナンスを行わなければ、色褪せや変色、コケの発生、ヒビ割れなどが起こってしまうというデメリットがあります。

コロニアル屋根は魅力的に感じるけれども、屋根のメンテナンスが心配…。

という方にオススメしたいのが、今回ご紹介するコロニアルグラッサです。

コロニアルグラッサはメンテナンス手間を少なくします

コロニアルの苔
コロニアルの苔

コロニアル屋根といえば、10年を経過すると屋根塗装を考慮する必要がありました。

しかし、コロニアルグラッサは、約20年色持ちします。

コロニアルグラッサなら、屋根塗装の手間を最小限にできます。

コロニアルグラッサは、他のコロニアルと比べて塗膜が傷みにくいという特徴があります。

苔(コケ)は、屋根の塗膜の傷みで水切れが悪くなることで発生します。

コロニアルグラッサなら、塗膜が傷みにくいためコケの心配もあまりないでしょう。

定期的なメンテナンスが必要な他のコロニアル屋根のデメリットが解消された屋根材です。

30年経過しても色褪せしにくいコロニアルグラッサとは?

コロニアルグラッサは、ケイミュー株式会社(旧 クボタ・松下電工)が製造している屋根材です。

ケイミュー株式会社が製造しているコロニアルシリーズがあり、その中のコロニアルグラッサという屋根材があると理解してください。

コロニアルグラッサは、表面にグラッサコートという特殊な加工が施されているため、紫外線による色褪せが起こりにくく、一般的なコロニアル屋根よりも長持ちします。

コロニアルグラッサと約10年で再塗装が必要なコロニアルクアッドの費用の差額は、10万円以内(一般住宅120㎡)くらいです。弊社はコロニアルグラッサをオススメしています。

コロニアルグラッサが高耐久である理由は無機三層構造にある

コロニアルグラッサ構造
出典:ケイミュー コロニアルグラッサ
コロニアルグラッサが高耐久で、長い寿命であるのは、無機三層構造であるためです。

・上層(表面第1層):グラッサコート
・中層(表面第2層):無機採石層
・下層(表面第3層):無機化粧層

無機三層構造は、上記の3つから構成されます。それぞれ解説していきます。

上層(表面第1層):グラッサコート

一番表面にある第1層は、先ほど解説した通り、グラッサコートという加工が施されています。グラッサコートは、外壁塗装などで最長の耐用年数を誇る無機系塗料と同じで、紫外線に分解されにくいのです。

中層(表面第2層):無機採石層

第2層目は、無機彩石層と呼ばれ、加工された細かい石による層です。加工された細かい石は、ガラスとほぼ同じ性質を持ち、美しい色合いと光沢、高い耐久性があります。

下層(表面第3層):無機化粧層

第3層目は、無機顔料が混合された無機化粧層です。無機顔料はセメントから色が流出しにくいため、色褪せしにくいという特徴があります。

自分の好みを選択できるグラッサシリーズ

城北瓦 屋根材紹介 コロニアルグラッサ

コロニアルグラッサは、多くの種類から自分の好みを選択することできます。ナチュラルなテイストの木目調やレンガのようなテイストのフリーラッジ、シャープな印象のメタル調など、デザインも豊富です。

さらに、カラーも豊富なため、建物のイメージに合ったコロニアルグラッサを見つけられます。コロニアルグラッサの豊富な色数を活かし、異なる色を混ぜ合わせて演出するシャッフルカラーも人気です。

また、コロニアルグラッサの中には、遮熱機能を備えた遮熱グラッサというシリーズもあります。多くのバリエーションの中から自分の好みを選択できることは、嬉しい特徴のひとつです。

まとめ:再塗装が心配な人はコロニアルグラッサを検討しよう

コロニアルグラッサ

今回は、コロニアルグラッサについて解説しました。

コロニアルグラッサは、再塗装のメンテナンスを減らしてくれるコストパフォーマンスの高い屋根材です。

「再塗装の手間をできる限り減らしたい」
「将来的な塗装費用を抑えたい」

「コロニアルの屋根材を使いたい」

という方は、コロニアルグラッサがオススメでです。是非、屋根リフォームの参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次