屋根リフォーム時期は?【コロニアル(スレート)】| 城北瓦

屋根リフォーム時期は?【コロニアル(スレート)】

城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期

コロニアルの屋根リフォーム時期を知りたい方へ。

家を建てて約20年、知らないうちに屋根の色が薄くなり変色している。コケが生えている、ひび割れが見えているなど…どんなタイミングで屋根をリフォームしていいのかお悩みではないですか。

本記事ではコロニアル(スレート)屋根をリフォームする時期について解説していきます。
屋根リフォームの参考にしてもらえると幸いです。

blank

1.コロニアル(スレート)の屋根リフォーム時期を知りたい

城北瓦の新築屋根工事 大牟田

1-1.コロニアルの概要

コロニアル』や『カラーベスト』は、ケイミュー株式会社が開発したスレート屋根の商品名です。一般的なコロニアルは表面がザラザラで、素材はセメントに繊維材料を混ぜたものを加圧整形した後、防水塗料で仕上げられています。

1995年の阪神大震災以来、耐震意識の高まりから瓦と比べ非常に軽い屋根材として知られ、全国に広がりました。初期費用が瓦と比べ安いということも追い風になり、一気に拡大します。

コロニアル屋根工事は工期も短く、廃材も少ないことから都心での工事に適しています。『コロニアル』のシェアは年々増え、現在では多くの屋根に使われています。

1-2.コロニアルと陶器瓦の違い

前項では『コロニアル』のメリットを中心にお話しましたが、デメリットもあります。『コロニアル』と『陶器瓦』の違いを簡単にまとめました。

コロニアル:セメントに繊維材料を混ぜたもの
陶器瓦:粘土で作られていて、表面に釉薬が塗られているもの

コロニアルと陶器瓦を比較するとこんな感じです。

項目 コロニアル 陶器瓦
耐久性 約20年〜30年 約50年〜100年
色褪せ 約10年 約50年以上
防水性 普通 高い
重さ 軽い 重い
費用 安い 高い

まず最初に『費用』。瓦と比べると『コロニアル』は費用が安い魅力があります。但し、コロニアルの場合は耐久性と見た目を維持する為、約10年毎に再塗装のメンテナンスが推奨されおり、追加費用と手間が将来的に必要となるので注意しましょう。

次に『コロニアル』で気になるのが『色落ち』でしょう。『コロニアル』のデメリットといえば10年過ぎた頃からだんだんと色が落ちてきて、家自体がぼんやり見えるようになります。

新しくリフォームするにも『洗浄・塗装・葺き替え・カバー工法』など色々あるので屋根リフォームの方法とリフォームするタイミングが難しいのではないでしょうか。

次では屋根を新しくするタイミングと方法を紹介します。

1-3.屋根葺き替えのタイミングと方法

コロニアル』の屋根を新しくリフォームする方法と時期について紹介します。

①10年経過のコロニアル屋根【屋根塗装】

1つ目は『屋根塗装』です比較的安い費用で、見た目を新しくし、遮熱効果・耐久性・防水機能を修復できます。

『コロニアル』は10年毎に再塗装をすることで『コロニアル』の性能を維持し、約20年~30年使用できます。『コロニアル』の寿命まで使えるようにするには約2~3回程度の塗装が必要です。

再塗装をしないと見た目が悪くなり、遮熱効果耐久性防水機能が低下し『コロニアル』の劣化を早めます。

②20年~30年以上経過のコロニアル屋根【屋根葺き替え】

城北瓦の新築屋根工事 大牟田

2つ目は『葺き替え』です。約20年~30年以上古い『コロニアル』を全て取り除いて、新しい屋根材に葺き替えます。

最近の屋根材は高い性能で、見た目、メンテナンス性が大幅に向上します。

③20年~30年以上経過~のコロニアル屋根【カバー工法】

城北瓦の屋根リフォーム 筑後
古いコロニアルの上にそのまま新しい粘着防水シートを被せている写真。

3つ目は『カバー工法』です。既存の『コロニアル』を残したまま、上から新しい屋根材を被せてしまう画期的でエコな施工法です。

最近増えている『コロニアル』のリフォーム方法の一つです。コストを抑えて、工事期間を短くできるなどのメリットがあります。

2-1.屋根選びをする前にやること

屋根をリフォームする前に以下内容を確認しましょう。

・『コロニアル』の使用年数
・塗装した回数
・家のデザインと屋根の形状

コロニアル』の寿命は10年毎の再塗装メンテナンスをして、ようやく約20年〜30年の耐久年数となります。塗装した回数が2回~3回以上になると次の再塗装の効果はだんだん薄くなり、割れやすい状態になります。『コロニアル』の寿命をしっかり把握して、屋根リフォームの予定を立てましょう。

コロニアルで塗装回数を少しでも減らしたい場合は、コロニアルの中でもグレードが高い、『コロニアルグラッサ』がお勧めです。色褪せがしにくく、塗装を最小限に減らすことができます。

コロニアルグラッサについては以下で詳しく紹介しています。
【再塗装が心配】スレート屋根ならコロニアルグラッサが一番長持ち!

次に屋根の形状、家のデザインをチェックしましょう。

コロニアル』は洋風住宅に使用されていることが多いです。ガルバリウムアスファルトシングルの屋根材などに幅広くマッチするでしょう。屋根リフォーム完成後に『想像してたものと違った…』ってことにならないよう、よく考えて屋根材を選びましょう。

2-2.屋根葺き替えの相場

屋根葺き替え工事の相場です。あくまでも目安としてご参考ください。

※税別価格となります。

屋根材 工事費用 耐久年数
コロニアル 7,500円/㎡~
約15年~25年
(約10年毎に塗装)
アスファルトシングル 8,000円/㎡~
約20年
ガルバリウム 9,000円/㎡~ 約20年~30年
(約10年毎に塗装)
陶器瓦 9,500円/㎡~ 約50年〜100年

※既存屋根の下地が痛んでる場合は、別途下地工事が必要となります。
※2004年迄のコロニアル(スレート屋根)を屋根リフォーム(葺き替え)する場合は、別途アスベスト処理が必要となる場合があります。

<費用に含まれてないもの>
足場設置費 850円/㎡
※周辺環境、屋根の種類によって設置が必要です。

2-3.コロニアルの葺き替えは軽量屋根材がオススメ

コロニアル』の葺き替えは、コロニアルガルバリウムアスファルトシングルなどの軽量屋根材がお勧めです。下地が同じなので追加工事もなく、スムーズに工事ができます。

但し、2004年迄のコロニアルの場合、ほとんどがアスベストが含まれており、アスベスト処理費用が別途2,000円/㎡程度発生します。さらに、既存のコロニアル撤去時にアスベストが周辺に飛散しないように配慮も必要です。特に住宅密集地などでは工事がしづらい問題を抱えています。ご自宅の屋根の経過年数にご注意ください。

アスベスト問題について
アスベスト(石綿)は耐熱性や保温性などに優れるため、建築業界では断熱材として、吹付け材やコロニアルを含む屋根、壁や床などに使用されてきました。しかしアスベストに含まれる微粒子は長期間吸引すると人体に健康被害があったことから、2004年に使用禁止となります。現在流通されているコロニアルにはアスベストは含まれておりません。

では、どうすれば良いのか…。

次ではこの問題を解決してくれる『アスベストを含むコロニアルのリフォーム方法』を説明します。

2-4.アスベスト入りのコロニアルを費用を抑えてリフォームするにはコレ!

アスベスト入りコロニアルには『カバー工法』での屋根リフォームがお勧めです。既存のコロニアルはそのままで、新しい屋根材を上から被せて屋根を新しくします。周りにアスベストが飛散することもなく、工期の短縮もできます。メリットとデメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
費用が安い 屋根が少し重くなる
廃材が出ない 葺き替え時に二重の撤去費が必要
工期が短い アスベストがそのまま残る
アスベストが飛散しない  

アスベストを含んだコロニアルの『屋根葺き替え』と『カバー工法』の費用比較を以下の通りです。
通常の既存屋根撤去費用に加えてアスベスト処理費用が発生するので、費用が高くなります。アスベストを屋根に残したくない場合は『屋根葺き替え』、費用と工期を抑えて屋根リフォームしたい場合は『カバー工法』がお勧めです。

屋根葺き替え カバー工法
12,000円/㎡~ 7,500円/㎡~

【例】100㎡の切妻屋根を屋根リフォームした場合
屋根葺き替えの場合:1,200,000円
カバー工法の場合:750,000円
差額:450,000円

カバー工法に使用できる屋根材は限られています。以下2種類となります。

<カバー工法に使用できる屋根材>
・ガルバリウム鋼板
・アスファルトシングル

軽量屋根材は陶器瓦と違い寿命があります。各屋根材の耐久年数と葺き替えやメンテナンスをする時期を把握しておくと良いでしょう。

3.まとめ 20年以上使用のコロニアルならカバー工法がオススメです。

現在、屋根の色が薄れてしまったコロニアルの家は多く、メンテナンスに困っている人も多いかと思います。

家を建てた当初はハウスメーカーや工務店さんにお任せで、その後は劣化した屋根を見た訪問営業に『屋根が劣化してますよ』などの指摘をされ、確かに古くはなってるけど…。『どうしようか?』と悩まれてる方もいらっしゃると思います。

これだとなかなか判断が難しいですよね。

そこで、屋根リフォーム時期と方法をまとめました。

1.20年以上使用のコロニアルでカバー工法は一つの手
2.20年以内の使用であれば再塗装でOK
3.30年以上であれば葺き替えもしくはカバー工法

ここまで色々と紹介してきましたが、1番大切なのは見た目よりも、家を守ることです

代々受け継がれたきた家に少しでも長く住むには適切な時期にメンテナンスをすることです。

雨漏りしていなければすぐに工事をする必要はありませんが、『約20年〜30年を一つの目安』として参考にお役立て頂けたら幸いです。

熊本・福岡で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

無料屋根点検・お見積りを依頼する

関連記事

  1. コロニアルグラッサが長持ち
  2. 瓦は中国から伝わった?
  3. 平板瓦(F型)について
  4. 城北瓦 LINE相談 使い方 説明
  5. ガルバリウム鋼板の遮音性
  6. アスファルトシングルのメンテナンス方法
blank

blank

blank
PAGE TOP