コロニアルの耐用年数と屋根リフォーム時期は?

コロニアルの耐用年数と屋根リフォーム時期は?

家のコロニアル屋根が古くなってきたのですが、どのタイミングでリフォームすればいい?屋根リフォーム時期を知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・コロニアルの概要
・コロニアルのリフォーム時期
・コロニアルのリフォーム費用

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

というわけで今回は、コロニアルの耐用年数と屋根リフォーム時期について解説しています。

結論から言うと、塗装は10年毎。20年以上経過でコロニアル全体の葺き替え(張り替え)、もしくはカバー工法が目安となります。

この記事を読めば、ご自宅の屋根リフォームのタイミングが分かります。

コロニアル屋根のリフォーム時期について詳しく知りたい方は、是非参考にしてみてください。

目次

コロニアルの概要

城北瓦の新築屋根工事 大牟田

コロニアルはケイミュー株式会社が開発したスレート屋根の商品名です。

素材はセメントに繊維素材を混ぜ、加圧整形をした後に、防水塗料で仕上げられています。

コロニアルの特徴

見た目は薄い板のような形で、重さは瓦の半分以下という屋根材の軽さが特徴です。

さらに、初期費用が安く、新築の一般住宅に多く使用されています。

コロニアルと瓦の比較

コロニアルは瓦と比べ、初期費用が安いです。但し、定期的にメンテナンスが必要です。

スクロールできます

コロニアル
城北瓦の新築屋根工事 植木
陶器瓦
耐久性約20〜30年約50年以上
色褪せ約10年約50年以上
防水性ふつう高い
重さ軽い重い
価格安い高い
瓦とコロニアルの比較

コロニアルのリフォーム時期

コロニアルのリフォーム時期は経過年数と劣化状況によって違います。

工事の種類リフォームの時期
コロニアルの塗装10年毎
コロニアルの葺き替え20〜30年
カバー工法20〜30年

コロニアルの塗装(10年毎)

屋根塗装は比較的安い費用で、見た目を新しくし、遮熱効果・耐久性・防水機能を修復できます。

10年毎に再塗装をすることで、本来の機能を維持し、約20年〜30年使用できます。

コロニアルを寿命まで使うには約2〜3回の塗装が必要です。

再塗装をしないと、コロニアルの劣化を早めます。

塗装回数を減らしたいなら「コロニアルグラッサ」がおすすめ。特殊なグラッサコートを使用し、20年以上色持ちします。詳しくは【再塗装が心配】スレート屋根ならコロニアルグラッサが一番長持ち!で詳しく紹介しています。

コロニアルの葺き替え(20〜30年経過)

城北瓦の新築屋根工事 大牟田

葺き替えは古いコロニアルをすべて撤去し、新しい屋根材に取り替えます。

美観・防水性・耐久性など、メンテナンス性が大幅に向上します。

2004年以前のコロニアル葺き替え工事を行う場合、アスベストが含まれている可能性が高く、撤去費用と処理費用が高額となるので注意が必要です。

できるかぎり費用を抑えたい場合は、カバー工法をおすすめします。

コロニアルのカバー工法(20年〜30年経過)

シングル取り付け

カバー工法は既存のコロニアルを残したまま、新しい屋根材を被せてしまう施工法です。

既存屋根材の撤去と処分費が必要ないので、工事費用を抑えて、工期を短くできます。

最近よく増えているリフォーム方法です。

コロニアルのリフォーム費用

コロニアルの屋根リフォームは、コロニアル・アスファルトシングル・ガルバリウム鋼板の3つの屋根材から選べます。

工事の種類メンテナンスの目安費用
コロニアルの塗装10年毎5,000円/㎡〜
コロニアル葺き替え 
(コロニアル→コロニアル)
※アスベスト無し
20〜30年8,000円/㎡〜
コロニアル葺き替え 
(コロニアル→コロニアル)
※アスベストあり
20〜30年10,000円/㎡〜
カバー工法
(コロニアル→アスファルトシングル)
20〜30年7,500円/㎡〜

※下地が傷んでいる場合は、別途追加工事が必要となります。
※2004年迄の古いコロニアルはアスベスト処理費として2,000円/㎡含まれています。

コロニアルの劣化症状

コロニアルの色褪せ

コロニアル色褪せ

コロニアルはだんだん色褪せてきます。屋根材がしっかりしている場合、再塗装が可能です。

コロニアルのひびや割れ

コロニアルのヒビ・割れ

コロニアルのひび・割れです。少しの割れであれば補修してカバー工法。

全体的にヒビ・割れが酷い場合は葺き替えをおすすめします。

コロニアル屋根のリフォームに使える屋根材

コロニアル屋根のリフォームに使える屋根材は以下3つです。

・コロニアル(スレート)
・アスファルトシングル
・ガルバリウム鋼板

コロニアル(スレート)

城北瓦のコロニアル

コロニアルは薄い板のような形をした耐震性の高い屋根材です。

施工のしやすさから、都心部でよく使われています。

アスファルトシングル

リッジウェイ

アスファルトシングルは、北米で100年以上続く伝統的な屋根材です。

非常に軽く、デザイン性も高いことから、最近日本でも人気の屋根材です。

ガルバリウム鋼板

荒尾 ガルバリウム 屋根工事03

ガルバリウム鋼板は、現在の新築住宅によく使われている屋根材です。

モダンなデザインにマッチし、軽くて耐震性が高いことで人気です。

コロニアル屋根のリフォームは必要な時期に適切な方法で

コロニアルは、必要な時期に適切なリフォームをすることで長い期間使用できます。

・10年〜:塗装
・20年〜:カバー工法 or 葺き替え
・30年以上:葺き替え

「屋根の色が薄くなった」「屋根材が割れている」などの屋根材の劣化に気づいたら、屋根リフォームを検討されることをおすすめします。

しっかりメンテナンスをして、大事な家を守っていきましょう。

屋根リフォームの参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる