塗装が原因?瓦塗装後に雨漏りする原因と解決方法。

城北瓦 塗装が原因?塗装後に雨漏りする原因と解決方法

雨漏りのトラブルの原因の一つとしてよくあるのが『屋根塗装後』のトラブル。リフォーム業者、塗装業者、便利屋(何でも屋)などに依頼して古くなった屋根を塗装したことはありませんか。今回は『セメント瓦』で実際にあった問題と解決策を紹介します。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

この『セメント瓦』は現在ほとんど生産されておらず、30年程度経過しているものが多く、劣化しています。メンテナンスフリーの『陶器瓦』と比べ、『セメント瓦』は10年ごとに塗装が必要となります。『セメント瓦』については別ページで詳しく紹介しています。

よくあるケースとして、突然訪問業者がやってきて

「瓦が割れそうですよ。」

「塗装をすれば見た目が新品同様になります。」

「費用が抑えられます。」

などの説明を受けたこともあるかと思います。

塗装は全面屋根リフォーム(葺き替え)と比べ、費用も抑えられるので『それだったらお願いしようかな…』となり、外壁と屋根瓦のセットで塗装されるケースも多いです。

みなさま(お客様、リフォーム業者様、塗装業者様、便利屋様)に誤解がないよう、しっかりご説明します。

『塗装することに問題はありません。』

『セメント瓦の再塗装は必要です。』

『セメント瓦』の再塗装は必要で、見た目を新しくし、遮熱効果、耐久性を高めます。

問題は『塗装後の処理』です。

雨水が逃げる構造

通常は瓦を塗装したあと、瓦と瓦の隙間に固まった塗料の『縁切り』をします。この縁切りをしないと、雨水が逃げる隙間がなくなり、『雨水の逆流現象』が発生します。

雨漏り 大牟田

瓦の隙間に塗料が固まっています。「縁切り」がされていません。瓦の横から入り込んだ水が、瓦の下側から排水できず水が溜まってしまい、雨漏りを起こしています。

雨漏り 大牟田

長い間雨漏りが続くと、瓦の下地(野地板)が腐り、家全体の老朽化に繋がります。

では『解決策』をご説明します。

剣スコップ 縁切りヘラ

ヘラ(エンカッター)や剣スコップを使って1枚1枚の全ての瓦に隙間を作りましょう。隙間を作ることで本来の瓦の機能が戻り、水の流れが変わり、雨漏りが劇的に改善されます。但し、屋根に登る際は十分に注意ください。特に雨の日は瓦が雨に濡れて滑りますので、登らないようにしましょう。できれば屋根専門業者にお願いすることをお勧めします。

屋根塗装ができる業者一覧
・リフォーム業者
・塗装業者
・便利屋(何でも屋)
・屋根工事専門業者

本来なら必要のない工事です。これが大きな修理になると「瓦の葺き直し工事+下地(野地板)の張り替え」となり、費用も高額です。塗装後に保証を訴えても現実的には難しいので、工事を依頼する前に業者の詳細を知っておきましょう。塗装業者のほとんどは『縁切り』は基本の作業としてマニュアル化されています。

※瓦の葺き直し工事+下地(野地板)の張り替え:瓦を全て剥ぎ、瓦の下にある下地の板なども全部取り外し、全て新しくして元の瓦を再度取り付ける工事です。日数と費用がかかるので、『セメント瓦』であれば将来のメンテナンスも踏まえ、新しい『陶器瓦』などに取り替えることをお勧めします。

パソコンで調べる

判断が難しい時は即答せず、Webで工事内容や相場を調べてたり、詳しそうな知人や近所の人に聞いたりして情報収集をしましょう。特に訪問販売で契約を急ぐ業者は要注意です。きちんとした業者であれば待ってくれます。

屋根塗装は基礎知識がないと、雨漏りに繋がります。塗装を依頼する際に「縁切り」を業者さんに確認すると良いでしょう。雨漏りには色々なケースがありますので、屋根の異変に気付いた時は屋根専門業者に点検依頼されることをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
屋根のリフォーム・雨漏り修理などの屋根のお悩み解決します

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検を行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約15分程度で点検可能です。

早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根でお困りの際はお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

屋根工事専門の城北瓦株式会社で営業・マーケティングを担当。経験豊富な弊社営業・職人スタッフ監修の基、この記事を執筆しています。お客様のライフサイクルに合わせたご提案を心がけております。

目次
閉じる