屋根工事のカバー工法について解説します。

ガルバリウム鋼板

これまで屋根のリフォームと言えば「葺き替え」というイメージでしたが、現在は既存の屋根を残したまま屋根を葺く「カバー工法」が採用されるようになりました。屋根の種類に制限がありますが、「カバー工法」はコストも安く、廃材を出さない環境に優しい施工法で好まれています。但し、良い部分だけではなく、デメリットもありますので、メリットと合わせて紹介していきます。

目次
1.カバー工法とは
2.カバー工法のメリットとデメリット
3.カバー工法の費用

カバー工法とは

カレッセ
参照:カレッセ

カバー工法とは既存の屋根材の上にガルバリウム鋼板やアスファルトシングルという屋根材で覆って二重にする工事方法です。カバー工法をするようになった理由は、約30年頃前から使用されるようになったスレート屋根(コロニアル、カラーベスト)が、近年経年劣化で色落ちや、傷んでる家が多くなり、葺き替えを検討する際にカバー工法が採用されるようになりました。

カバー工法のメリット、デメリット

カバー工法にはメリット、デメリットあります。ここではカバー工法の特徴を紹介します。

メリット

1.費用が安い

既存の屋根をそのままにするので、葺き替え時に発生する、撤去費、下地補修費、アスベスト処理費などが必要なく、コストを削減できます。

2.遮熱、防音効果が高くなる

既存の屋根が下に敷いてあるので、新しい屋根との二重となり、遮熱、防音効果が高くなります。

3.工期が短い

既存の屋根をそのままにするので、既存屋根の撤去、下地補修費、アスベスト処理の作業が必要なく、工期を短縮できます。近隣住宅への配慮も最小限で済みますので、住宅密集地ではカバー工法がよく使われます。

4.環境に優しい

カバー工法は廃材が出ないので、地球環境に優しい工事方法です。

デメリット

1.屋根が少し重くなる

屋根材を重ねるので葺き替え工事と比べ、屋根が少し重くなります。但し、新しく使用するガルバリウム鋼板やアスファルトシングルは軽量ですので、二重にしても、陶器瓦と比べ軽量です。(総重量は陶器瓦のおよそ半分以下の重さです。)

2.メンテナンス費用が高くなる

雨漏りで下地が腐ったり、屋根を再度リフォーム(葺き替え)をしたい場合、二重の屋根を剥がして修理となり、費用が高くなります。

費用

カバー工法をした場合

屋根材+施工費用
屋根材名 費用
ガルバリウム鋼板 5,000円~10,000円/㎡
ガルバリウム鋼板グレードアップ(遮熱、防音) 6,000〜13,000円/㎡
アスファルトシングル 5,000円~10,000円/㎡
その他共通費用
工事名 費用
防水シート(ルーフィング) 500~1,500円/㎡
足場費用 600~1,500円/㎡

葺き替えをした場合

屋根材+施工費
屋根材名 費用
ガルバリウム鋼板 5,000円~10,000円/㎡
ガルバリウム鋼板グレードアップ(遮熱、防音) 6,000〜13,000円/㎡
その他共通費用
工事名 費用
既存屋根の撤去費 1,500~2,500円/㎡
下地補修費 1,500~2,000円/㎡
防水シート(ルーフィング) 500~1,500円/㎡
足場費用 600~1,500円/㎡
アスベスト処理費(※古いスレート屋根の場合) 8,000~15,000円/㎡

例:ガルバリウム鋼板で120㎡の屋根を新しくした場合の料金比較

工事名 費用
葺き替え工事 2,352,000円~3,900,000円
カバー工法 732,000円~960,000円
差額 1,6200,000円~2,940,000円

屋根材について

ガルバリウム鋼板

金属屋根ながらも、錆びにくく、耐用年数に優れており、デザイン性で最近の建築家に好まれ、若い年齢層を中心に人気となりました。最近のお洒落な新築住宅によく使われている屋根材です。

ガルバリム鋼板についてもっと知りたい

アスファルトシングル

アスファルトシングル

海外では一般的で100年以上前から使用されています。特に北米での人気の屋根材です。軽量かつデザイン性に優れ、外観の見た目も良いです。アスファルトシングルは柔らかい素材なので、ひび割れや、錆びつくこともありません。

カバー工法をする前にチェックするポイント

下地(野地板)が痛んでないか

既存の屋根を十分にチェックし、下地(野地板)が腐ってないでカバー工法に適しているかを確認する必要があります。下地(野地板)が痛んでいると数年で再度葺き替え工事が必要となります。二重に重ねた屋根の撤去費も必要となり、コストを削減したつもりが逆に大幅にコストがかかってしまいます。点検業者選びには十分にご注意ください。屋根専門業者に依頼されることをお勧めします。

既存屋根の種類

カバー工法ができるのはスレート屋根、金属屋根(トタン、ガルバリウム鋼板)となります。瓦屋根はカバー工法ができませんので、事前に確認ください。

既存屋根材のアスベストの有無を確認

2004年以前に作られたスレート屋根はアスベストが使われていることが多いです。カバー工法でアスベストを含む既存の屋根材に新しい屋根を被せることで劣化によるアスベストの飛散を防ぎ、アスベスト対策として一般的に考えられています。但し、やはりアスベストを含んだままでは不安だと思われる方もいらっしゃいます。その際は費用と手間はかかりますが、葺き替え工事をお勧めします。

カバー工法のメリット・デメリットを理解しておく

カバー工法はコストは抑えられますが、デメリットもあります。デメリットを十分に理解のうえ、ご検討ください。詳しい説明がなくカバー工法を勧める業者もありますので、ご注意ください。

こんな家に向いています。

・費用をできる限り抑えて屋根をリフォームしたい。
・既存の屋根が激しく傷んでいない。下地(野地板)がしっかりしている。

いかがでしたでしょうか。カバー工法はお財布にも環境にも優しい工事方法です。但し、デメリットもありますので、工事の特徴を十分に理解のうえ、ご検討ください。

PAGE TOP