スレート屋根の定番!コロニアルの種類と人気の4つの理由を紹介

コロニアル屋根って多いけど、人気の理由は何だろう?どんな種類があるのか知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・コロニアルの基本情報
・コロニアルが人気の理由
・コロニアルの種類
・コロニアルの劣化症状のメンテナンス

というわけで今回は、コロニアルの人気の理由について解説しています。

コロニアルは初期費用の安さと耐震性が高いことで人気の屋根材です。

日本国内の住宅の約8割がスレート屋根で、広く普及しています。スレート屋根の定番と言えばコロニアルです。

この記事を読めばコロニアルの人気の理由や種類、メンテナンス方法が分かります。

わかりやすく解説していきますので、コロニアルについてもっと詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

コロニアルとは

コロニアルは、スレートという屋根材の一種で商品名です。主成分がセメントの薄い板で、木片パルプなどの繊維質をつなぎとして練り込まれています。

ケイミュー株式会社が取り扱う人気商品で、スレート屋根の代名詞です。コロニアルは、スレートやカラーベストと呼ばれることがあります。

厳密にはスレートは屋根材の名称で、コロニアルとカラーベストは商品名です。

コロニアルが人気である4つの理由

現在、日本国内の住宅の約8割がスレート屋根で建てられています。

スレート屋根の中でも、特にコロニアルが人気である4つの理由を紹介します。

・費用が安い
・施工できる業者が多い
・軽量で高い耐震性
・豊富なカラーデザイン

費用が安い

コロニアルは、瓦の価格の1/2から2/3程度の価格です。施工方法もシンプルで、市場に多く流通しているため、価格を抑えることができます。

また、屋根材の価格に加えてメンテナンス費用も安いため、費用を抑えたい方にコロニアルはオススメです。

施工できる業者が多い

普及率の高いコロニアルは、多くの業者が施工できます。コロニアルを扱ったことがある業者は多く、ノウハウも蓄積されています。

トラブルや不具合などの相談したいときも、多くの業者に相談可能です。複数の業者に見積もりを依頼する相見積もりも取りやすいでしょう。

軽量で高い耐震性

コロニアルの重さは、瓦の半分程度です。軽い屋根材であるため耐震性が高いという特徴があります。コロニアルは軽量であるため、地震で建物が揺れても破損や倒壊のリスクが低いです。

豊富なカラーバリエーション

城北瓦 屋根材紹介 コロニアルグラッサ

豊富なカラーバリエーションが、コロニアルの特徴です。建物の雰囲気に合わせたカラーを選択できるため、好みやイメージに合ったものを選べます。

コロニアルの代表的な4つの種類

コロニアルクァッド 施工

本章では、コロニアルの代表的な4つの種類を紹介します。中には現在、製造中止になっているものもあります。

・ニューコロニアル
・コロニアルNEO
・コロニアルクァッド
・コロニアルグラッサ

ニューコロニアル

現在は製造されていないニューコロニアルは、平成13年まで製造されていました。アスベストが含まれている理由で生産中止となりましたが、耐久性の高いコロニアルです。

ニューコロニアルはアスベスト入りの屋根ですが、撤去のときや極端な劣化がある場合でなければ、アスベストを過度に心配する必要はありません。

コロニアルのアスベストについては、アスベスト入りのスレート屋根が心配!見分け方や対策を徹底解説!で紹介しています。

コロニアルNEO

コロニアルNEOは、ニューコロニアルが製造中止になったことにより、平成13年より製造されています。アスベストを含まないコロニアルとして流通しました。割れやすいため、耐久性が疑問視され製造中止となりました。

メンテナンスは、塗装をしても割れてしまうため、カバー工法か葺き替えが良いでしょう。

コロニアルクァッド

コロニアルクァッドは、現在最も多く使用されているコロニアルです。アスベストを含まないコロニアルですが、コロニアルNEOよりも高い耐久性があります。

次に紹介するコロニアルグラッサよりもデザインの種類は少ないですが、リーズナブルな価格で施工できます。

コロニアルグラッサ

コロニアルグラッサ構造

コロニアルクァッドよりも、グレードの高いコロニアルグラッサは、表面にグラッサコートという特殊な加工がされています。一般的なスレート屋根は、紫外線により色あせしてしまいます。しかし、コロニアルグラッサは、無機塗膜のグラッサコートの効果により色あせしにくいです。

スレート屋根は人気の屋根材ですが、定期的なメンテナンスに気を使う必要があります。コロニアルグラッサは、メンテナンスが最小限で済むため、コロニアルの種類で迷っているならコロニアルグラッサを選びましょう。

コロニアルグラッサについては、【再塗装が心配】スレート屋根ならコロニアルグラッサが一番長持ち!で詳しく解説しています。

コロニアルの劣化症状とメンテナンス

コロニアルの劣化

コロニアルに劣化症状が見られたときは、以下の3つのメンテナンス方法を検討しましょう。

・塗装
・カバー工法
・葺き替え

塗装

コロニアルを長持ちさせるには、定期的な塗装を行いましょう。

コロニアルの耐用年数を長く保つには、塗装が重要です。コロニアルの防水効果が切れてくると色あせや吸水、ヒビ割れなどが見られます。

塗装を行うことで、コロニアルは再び防水効果を備えることができます。

塗装の時期の目安は、築約10年です。立地や気候により劣化が異なるため、およそ築5年で屋根の点検を一度行っておきましょう。

カバー工法

シングル取り付け

広範囲のヒビ割れや欠け、反りが見られる場合は、塗装でのメンテナンスが難しい場合があります。そんなときは、既存のコロニアルの上に新しい屋根材を被せるカバー工法を検討しましょう。

カバー工法は、次に解説する葺き替え工事よりも、費用が安く、遮音・防音効果が高くなります。劣化が進んでいると下地の補修をしなければならなかったり、カバー工法ではなく葺き替えが必要となる場合もあります。

カバー工法については、屋根工事のカバー工法(重ね葺き)について解説します。で詳しく紹介しています。

葺き替え

城北瓦の新築屋根工事 大牟田

雨漏りしてしまったときや、コロニアルがボロボロになったときなど、劣化が進んでしまったときは、下地から屋根材を取り替えてしまう葺き替えが必要です。劣化が進み、葺き替え工事をするしかないという状況になる前に、定期的な塗装や点検を行うようにしましょう。

瓦の形が好みの方は、軽量のコロニアルが瓦の形になり、強度がパワーアップされた瓦とコロニアルのハイブリット瓦のROOGA(ルーガ)がオススメです。

ROOGA(ルーガ)については、【耐震性抜群】軽くて割れない!軽量瓦ROOGA(ルーガ)の魅力とは?で詳しく紹介しています。

まとめ:近年のコロニアルは耐久性が上がっている

今回は、コロニアルについて解説しました。コロニアルは、費用が安いにもかかわらず、耐震性が高くカラーバリエーションが豊富な人気の屋根材です。

日本国内で最も普及している屋根材であるため、施工できる業者が多くノウハウが蓄積されていることも魅力的です。

今までのコロニアルは、定期的なメンテナンスに気を使う必要がありました。しかし、近年は技術が進歩し、色あせしにくいコロニアルグラッサも登場し、メンテナンスが最小限で済みます。

本記事を参考にして、ぜひあなたにぴったりのコロニアルを見つけてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる