アスベスト入りのスレート屋根が心配!見分け方や対策を徹底解説!

アスベスト入りのスレート屋根が心配!見分け方や対策を徹底解説!

家の屋根にアスベストが入っているかもしれないけど大丈夫?リフォーム費用は高くなる?詳しく知りたい。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
・アスベストの特徴
・アスベスト入りのスレート屋根の見分け方
・アスベスト入りのスレート屋根の撤去方法と費用

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

というわけで今回は、アスベスト入りのスレート屋根の見分け方や対策について紹介していきます。

アスベスト入りのスレート屋根の特徴を知ることで、安心して屋根をリフォームできます。

さらに、適切な工事を選ぶことで費用を抑えられます。

分かりやすく紹介していきますので、スレートを詳しく知りたい方は、是非参考にしてみてください。

目次

アスベストとは

現在、一戸建ての屋根で最も普及しているスレート屋根。2004年以前に建てられた家のスレート屋根の大半に、アスベストが入っています。健康への影響が心配されたため、2004年に製造が全面禁止となりましたが、2020年頃から建築物の解体やリフォーム時期のピークを迎え、心配されています。

結論を言ってしまうと、普段の生活には問題はありません。アスベストが人体に影響を及ぼす可能性があるのは、解体したときに粉塵となり飛散したときに鼻や口から吸い込んでしまった場合です。

アスベスト入りのスレート屋根の見分け方は?

とは言っても「アスベストが入っているかいないか」は気になりますよね。

そこで、アスベスト入りを簡単に見分ける2つの方法を紹介します。

・アスベスト入りのマーク
・建設された時期

・屋根にヒビ・割れや欠けがあるか

どちらかが当てはまったからといって、屋根がアスベスト入りだと決まった訳ではありません。まずはご自身で確認してみて、不安を感じた場合は屋根屋さんなどの専門業者に相談してみましょう。

2-1.アスベスト入りのマーク

アスベスト入りスレート屋根

アスベスト入りのスレート屋根には屋根材の裏に製品番号と一緒に「a」と記載されています。

「a」が見つからない場合は製造番号で調べることができます。

2-2.建設された時期

アスベスト入りの製品は、2004年に全面的に製造が中止されています。そのため、2004年以前に作られた屋根はアスベスト入りの屋根である可能性があります。

しかし、多くのメーカーが1990年代からアスベストの入っていない屋根を製造しています。つまり、2004年以前に作られた屋根であっても、必ずアスベストが入っているという訳ではありません。

2-3.ヒビ割れや欠け

アスベスト入りのスレート屋根かどうかを見分けるには、屋根にヒビ割れや欠けがあるのかを確認しましょう。アスベストは、過去に屋根材として多く使われていただけあって、頑丈で耐久性が高い建材です。アスベストが使用されていないスレート屋根は、約10年で小さなヒビなどが見られ、約20年でヒビ割れや欠けが多く見られます。

一方、アスベスト入りの屋根は、約20年経過していてもヒビ割れや欠けが見られないことが多いです。2階の窓などから屋根を確認できる場合は、一度屋根の状態を確認してみましょう。スレート屋根の劣化が酷い場合は、滑って落下する危険もあるので、屋根に登らないようにしましょう。

アスベスト入りのスレート屋根の撤去方法と費用

アスベストを撤去するには、石綿主任責任者の資格を持った人が必要です。そのため、アスベスト入りのスレート屋根の葺き替え検討している方は、アスベストを扱える業者に依頼する必要があります。

アスベストを撤去する際は梱包を二重にする必要があったり、処分場で埋め立てする処分費用が必要になったりします。そのため、アスベストの入っていないスレート屋根のと比較すると撤去・処理費が高額になります。

一般的なスレート屋根の撤去・処理の費用は約30万~60万円に対し、アスベスト入りは約50万~100万円と通常の2倍近くになります。

「そんな費用は難しいと…。」という方には、カバー工法をおすすめします。

カバー工法は既存屋根材を残したまま新しい屋根材を被せるので、撤去・アスベスト処理費用が必要ありません。

カバー工法については以下で紹介していますので、参考にしてみてください。

まとめ:アスベスト入りというだけで不安になる必要はないです

今回は、アスベスト入りのスレート屋根の見分け方や対策について解説しました。

アスベストは、健康に悪影響というイメージが強いですが、屋根リフォームに関してはあまり心配ありません。

屋根のリフォームで心配なのは、アスベストの撤去・処理の費用です。無理に高額な撤去・処理をしなくても、カバー工法のようなリフォームができる可能性もあるので、ご自宅の状況や将来のプランに合わせて、適切な工事方法を選びましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる