【熊本・山鹿市】H様邸 瓦葺き替えの屋根リフォーム

城北瓦 山鹿市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU

今回は熊本県、山鹿市のH様邸の瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事を行いました。既存のセメント瓦の老朽化による屋根リフォームとなります。使用屋根材は使用屋根材は栄四郎プラウドUU(F型)、陶器平板瓦です。セメント瓦は見た目は陶器瓦と似ていますが、素材が異なります。セメント瓦はセメント。陶器瓦はお茶碗などにも使われる陶器となります。セメント瓦は約10年ごとに塗装が必要で、30年程度が寿命です。陶器瓦は塗装の必要がなく約50年以上使用できるメンテナンスフリーの瓦です。

blank

屋根工事 案件概要

工種 瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事
工事場所 熊本県 山鹿市
工事完了日 2019.10
屋根材メーカー 栄四郎瓦株式会社
屋根材名、色 栄四郎プラウドUU, ライトチョコ色

熊本県 山鹿市で瓦の葺き替え

熊本県、山鹿市でセメント瓦を平板(F型)の陶器瓦に葺き替える屋根リフォーム工事を行いました。使用する瓦は栄四郎プラウドUU(F型)、平板瓦となります。平板瓦は瓦の中でも一番シンプルで、和・洋風どちらの家にも合う柔軟性に優れた瓦です。今回は平板のライトチョコ色を使って、和風から洋風への衣替えをします。

屋根工事写真

瓦剥ぎ

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

まずは既存の瓦を剥ぎます。ルーフィング(防水シート)の下にある野地板(下地の板)が損傷している場合は、野地板(下地)の補修が必要となります。

ルーフィング(防水シート)貼り&桟木打ち(瓦を引っ掛ける木)

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

新しいルーフィング(防水シート)を張ります。ルーフィングは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。ルーフィングは雨風などで瓦の隙間から入った雨水を天井に侵入しないようにする最後の砦の役目をしています。次に桟木(瓦を引っ掛ける木)を取り付けます。

瓦上げ

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

瓦を屋根に上げます。施工がしやすいように一定の位置で並べていきます。細かいですが瓦を置く位置を工夫することで、瓦を取り付けてる時にスピードが上がり、作業効率が良くなります。

瓦葺き(瓦の取り付け)

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

風を受けやすい軒先には瓦1枚にセブン釘とビスでしっかり固定します。2ヶ所止めることで、瓦の飛来を最小限に抑えます。軒先が完成したら下から順番に平板瓦を取り付けていきます。平板瓦は1枚1枚すべてにビス止めを行います。(施工法は各地域や企業様によって多少異なる場合があります。)

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

隅棟に合わせて瓦を綺麗にカットします。

棟の仕上げ

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

まず、瓦葺き用の土粘土をのせます。瓦に馴染みやすくバランスが整って固定されます。

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

棟木を取り付けて、棟瓦を固定するなんばんを塗ります。

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

棟瓦を真っすぐ被せて、固定したら完成です。綺麗に仕上がりました。

屋根工事のビフォー・アフター

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市 城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市 城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市 城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

【熊本・山鹿市】瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事完了

城北瓦の屋根リフォーム工事 山鹿市

今回は、熊本県玉名市の瓦葺き替えによる屋根リフォーム(葺き替え)の紹介でした。和風から洋風の家にすっかり変わりました。屋根瓦と外壁を変えることで大きく雰囲気を変えることができます。最近はこのような和風の家から洋風へのリフォームが増えており、お子様たちの世代に引き継がれるケースも多いです。少し手を加えて、今風の家にするのはとても良いアイディアだと思います。

ただし、家のリフォームをお考えの方は最初に屋根を確認されることをお勧めします。お部屋をリフォームした後に雨漏りをしたら台無しです。リフォームする際は工事の順番にお気を付けください。弊社の屋根リフォーム(葺き替え)『10年工事保証』を設けておりますのでご安心ください

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

ご自宅の屋根が心配な方
弊社では屋根専門家による、無料屋根点検・お見積りを行っております。
屋根葺き替え・修理をご検討中の方はお気軽にどうぞ。
無料屋根点検・お見積りはコチラ

blank

関連記事

  1. カバー工法をする時の注意点 カバー工法は既存の屋根はそのままになるので、既存屋根の下地がしっかりしていることが条件です。 今回の場合、以前に台風で一部のスレート(コロニアル)が飛んで差し替えられていた箇所が施工不良で雨漏りが起きていました。その為、雨水が少しずつ下地に染み込んで下地の一部が腐っていた状態です。下地の一部のみが傷んでいる場合は事前に補修をすることで『カバー工法』ができます。
  2. 城北瓦 荒尾市 隅棟の屋根修理
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 プラウドUU
  4. 城北瓦 菊池市 ガルバリウム屋根の雨漏り修理
  5. 城北瓦 南関町 瓦葺き替え工事 栄四郎カパらすKS
  6. 城北瓦の新築屋根工事 益城 プラウドプレイン
blank

blank

blank

最近の記事

  1. 大牟田 T様 お客様の声
  2. blank
  3. 屋根リフォーム 栄四郎瓦 プラウドUU 鹿央町 M様邸
  4. 荒尾市 Y様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
  5. 熊本市東区 E様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
PAGE TOP