【熊本・西区】 コロニアル葺き替えの屋根リフォーム

城北瓦 熊本市 屋根リフォーム コロニアルクァッド

今回は熊本、西区の屋根リフォーム工事をさせて頂きました。家のリフォームに伴うセメント瓦屋根からコロニアル(スレート)への一部葺き替え(取り換え)工事となります。使用屋根材はケイミューの「コロニアルクァッド マットブラック色」です。コロニアルは都心では主力の製品で、軽量で耐震性の高い屋根材です。

屋根工事 案件概要

工種 セメント瓦からコロニアルへの葺き替え屋根リフォーム工事
工事場所 熊本県 西区
工事日 2019.11
屋根材メーカー ケイミュー
瓦名、色 コロニアルクァッド、ネオブラック

コロニアルクァッドは12色から選べるカラー

コロニアルクァッド12色

屋根工事写真

*()は分かりやすい用語にしています。

瓦剥ぎ&コンパネ(コンクリート)取り付け

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区

まずは古くなったセメント瓦を剥ぎます。次に下地となるコンパネ(コンクリートパネル)を貼りますコンパネは構造用合板で防水性に優れた板です。瓦からコロニアル(スレート)に変える場合に必要な工事となります。

ルーフィング(防水シート)張りと 瓦上げ

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区

防水シート(ルーフィング)を貼ります。防水シートは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。ルーフィングを貼り終えたら、『コロニアル(スレート)』を屋根に上げます。見た目はそこまで重く見えませんが、1枚の面積が広く、コンクリートなので重いです。1枚約3.4kgで1束27.2kgもあります。

コロニアルの取り付け

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区

コロニアル(スレート)は1枚ずつ、下から重ねるように取り付けます。ズレと隙間が出ないように気を付けます。

棟の仕上げ

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区

棟木を取り付けます。

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区

板金の棟包を被せて完成となります。

屋根工事のビフォー・アフター

城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区 城北瓦の屋根リフォーム 熊本西区    

【熊本・西区】屋根リフォーム工事完了

城北瓦の屋根リフォーム

いかがでしたでしょうか。『コロニアル・クァッドはとてもシンプルな屋根材で、瓦と比べると初期費用が抑えられます。(但し、10年ごとに塗装メンテナンスが必要です。)また、12色の豊富なカラーで、お客様それぞれのタイプに合わせることができます。今回のような家全体のリフォームとなると費用も大きいかと思いますので、屋根で初期費用を少し抑えておくというのも1つの手かもしれません。また、このコロニアル屋根は再度リフォームしたい場合、既存の屋根を残したまま上から被せる『カバー工法』をすることもできます。『カバー工法』については別のページで紹介しています。

▼カバー工法についてもっと知りたい方はコチラから
カバー工法について

それぞれの屋根材にメリット・デメリットの特徴がありますので、ご予算や家に合わせて選ばれることをお勧めします。『できるだけ初期費用を抑えて・工期を短く・軽量』であれば、『コロニアル・クァッド』がお勧めです。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

ご自宅の屋根が心配な方
弊社では屋根専門家による、無料屋根点検・お見積りを行っております。
屋根葺き替え・修理をご検討中の方はお気軽にどうぞ。
無料屋根点検・お見積りはコチラ

blank

関連記事

  1. 城北瓦 荒尾市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU
  2. 城北瓦 上益城 棟瓦の壊れ
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本小山 プラウドUU
  4. 福岡 八女市 H様邸 屋根リフォーム
  5. カバー工法をする時の注意点 カバー工法は既存の屋根はそのままになるので、既存屋根の下地がしっかりしていることが条件です。 今回の場合、以前に台風で一部のスレート(コロニアル)が飛んで差し替えられていた箇所が施工不良で雨漏りが起きていました。その為、雨水が少しずつ下地に染み込んで下地の一部が腐っていた状態です。下地の一部のみが傷んでいる場合は事前に補修をすることで『カバー工法』ができます。
blank

blank

blank

最近の記事

  1. 荒尾市 Y様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
  2. 熊本市東区 E様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
  3. 長洲 I様邸 屋根葺き替え 三州陶器瓦
  4. 南関町 H様邸 瓦葺き替え工事 スーパートライ110タイプIプラス
  5. 熊本県美里町 H様邸 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU
PAGE TOP