【熊本・荒尾市】H様邸 瓦葺き替えの屋根リフォーム

城北瓦 荒尾市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU

今回は熊本県、荒尾市のH様邸の瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事を行いました。ご自宅の隣にある小屋の瓦屋根の老朽化による屋根工事となります。瓦はセメント瓦から陶器瓦の栄四郎プラウドUU(F型)への取り換え(葺き替え)となります。

屋根工事 案件概要

工種 瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事
工事場所 熊本県 荒尾市
工事完了日 2019.10
屋根材メーカー 栄四郎瓦株式会社
屋根材名、色 栄四郎プラウドUU, 銀黒

熊本県 荒尾市で瓦の葺き替え

熊本県、荒尾市でセメント瓦を平板(F型)の陶器瓦に葺き替えるリフォーム工事を行いました。セメント瓦は既に老朽化で防水性も衰え、雨水が野地板(下地の板)に染み込んでいる状況でした。まだ雨漏りまではしていませんでしたが、お客様のご要望でシンプルな瓦で葺き替え工事を行わせて頂きました。

瓦剥ぎ

城北瓦 荒尾市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU

まずは瓦を全て剥ぎます。野地板(下地)はしっかりしていたのでそのまま使用します。野地板(下地)の損傷が激しい場合は野地板(下地)から取り換えとなります。その場合、費用も高くなりますので損傷がないのがベストです。

ルーフィング(防水シート)&桟木打ち

新しいルーフィング(防水シート)を張ります。ルーフィングは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。数十年前のルーフィングと比べると耐久性、防水性も高くなっています。防水シートを貼り終えたら、今度は桟木(瓦を引っ掛ける木)を瓦の寸法に合わせて取り付けます。

瓦の取り付け

台風で瓦が飛来しないよう、軒先の瓦はビス+セブン釘を使ってしっかり固定します。次に瓦一枚一枚をビスでしっかり止めていきます。これで台風時も安心です。

屋根工事のビフォー・アフター

【熊本・荒尾市】瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事完了

今回は、熊本県荒尾市の瓦葺き替えによる屋根リフォームの紹介でした。陶器瓦はメンテナンスフリーですので約50年程度は使用できます。長期間で考えると他の屋根材より一番コストパフォーマンスが良いと言えます。また、平板瓦(F型)はシンプルな造りですので、細かい修理などのメンテナンスリスクを最小限に抑えらるのも魅力です。

それぞれの屋根材にメリット・デメリットの特徴がありますので、ご予算や目的に合わせて選ばれることをお勧めします。『瓦を使いたいけど、できる限りメンテナンスの手間をなくしたい。』のであれば平板瓦(F型)が一番お勧めです。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本県荒尾市で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根リフォーム・屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦 玉名市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU
  2. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  3. 福岡 八女市 H様邸 屋根リフォーム
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 石州防災瓦
  5. 城北瓦 南関町 瓦葺き替え工事 栄四郎カパらすKS
  6. 城北瓦 南関町 漆喰の剥がれ




最近の記事

  1. 雨漏りから家を守る。意外な雨樋の歴史を徹底解説
  2. 粘土瓦のメンテナンスフリーの本当の意味を教えます!
  3. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  4. 雨漏りの原因となる雨樋の5つの不具合とは?
  5. 雨漏り対策 屋根点検は梅雨・台風シーズンの3ヶ月前をお勧めする理由
PAGE TOP