【熊本・玉名市】陶器瓦を使った瓦工事

城北瓦の新築屋根工事 熊本玉名 プラウドUU

今回は熊本、玉名市の新築屋根工事をさせて頂きました。使用屋根材は栄四郎株式会社の「プラウドUU マットブラック色」です。プラウドUUは洋風と和風どちらにも似合うオールラウンドな平板瓦(F型)で、スッキリとした仕上がりになります。F型の意味は『フラット』という意味です。最近のスタイリッシュなデザイン住宅にも似合う人気上昇中のです。シンプルですが、ちゃんとした防災瓦ですので、台風、大雨にも強い設計構造になっています。

屋根工事 案件概要

工種 新築屋根工事
工事場所 熊本県 玉名市
工事日 2019.6
屋根材メーカー 栄四郎株式会社
瓦名、色 プラウドUU、マットブラック

屋根工事写真

*()は専門用語です。

防水シート張り(ルーフィング)  と 瓦を引っ掛ける木の取り付け(桟木打ち)

城北瓦 玉名市 新築屋根工事01

下地(野地板)のうえに防水シート(ルーフィング)を貼ります。防水シートは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。その上に、瓦を引っ掛ける為の木(桟木)を瓦のサイズに合わせて打っていきます。

瓦上げ

城北瓦 玉名市 新築屋根工事03

瓦が2,000枚を超えていたので、クレーンを使って上げました。工事がしやすいように綺麗に並べます。

瓦の取り付け(瓦葺き)

城北瓦 玉名市 新築屋根工事03

瓦を取り付けます。平板瓦(F型)の場合は一枚一枚ステンレスビスで止めます。他の現場が終わった職人が応援に駆け付けました。これだけの人数が一つの現場に揃うのは久しぶりです。人数が集まると活気が出て良いですね!

棟の仕上げ

城北瓦 玉名市 新築屋根工事04

棟もスッキリとした仕上がりになります。

【熊本・玉名市】陶器瓦を使った瓦工事完了

城北瓦 玉名市 新築屋根工事05

いかがでしたでしょうか。ご覧の通り、プラウドUUは日本瓦(J型)とはまた違ったタイプです。日本瓦のような重厚感はないので、お客様の好みによって分かれるところです。工事費は、平板(F型)の方が棟や袖がシンプルなのでコストを抑えられます。『瓦を使いながらも屋根をスッキリとシンプルにしたい』のであれば、この平板瓦(F型)が一押しです!

全体の完成写真が撮れましたら、改めてアップデートしたいと思います。
※場合によって全体写真がアップできない場合が御座いますので、ご了承ください。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本県玉名市で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 セラムFフラット
  2. 城北瓦 東区 谷やぶれ、瓦のズレ
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 石州防災瓦
  4. 城北瓦 植木町 瓦葺き替え工事 三州陶器防災瓦
  5. 城北瓦 玉名市 漆喰の剥がれ
  6. 城北瓦 上益城 棟瓦の壊れ




最近の記事

  1. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  2. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 ROOGA 鉄平
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 セラムFフラット
PAGE TOP