和水町 | 雨漏りによる瓦の部分葺き替え工事

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

今回は熊本県、和水町のT様邸の屋根の部分葺き替えと修理をさせて頂きました。

セメント瓦の劣化による雨漏りが発生していたため、瓦葺き替え工事となります。

使用屋根材は新東株式会社の三州陶器防災瓦です。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

屋根工事 案件概要

工種部分瓦葺き替え工事+修理
工事場所熊本県和水町
工事日2022.7
屋根材メーカー新東株式会社
屋根材名、色三州陶器防災瓦, 京銀

屋根工事写真

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

まずは、修理から進めます。

袖瓦と破風板の間の隙間が広すぎるのと、破風尻箇所に隙間があるため、強い横雨が降った時に雨水が入ってしまいます。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

袖瓦と破風板の隙間を縮めた分、丸下し瓦を使って幅を調整しています。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

これで破風板と袖瓦の隙間がなくなりました。

破風尻部分には、なんばんを塗って隙間を埋めます。

これで修理は完了です。次は葺き替え部分の工事に入ります。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

瓦を撤去すると、杉の皮が見えてきました。

ずっと昔は防水シート(ルーフィング)がなかったため、代わりに杉の皮が使われていることがありました。

杉の皮は写真のように隙間も多く、防水シートと比べると性能も大幅に劣るため、大雨になると雨漏りしてしまう可能性が高いです。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

杉の皮をすべて取り除くと、下地(野地板)が見えてきました。

下地(野地板)は然程傷んでいなかったので良かったです。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

下地(野地板)を綺麗にした後に防水シート(ルーフィング)を貼り、瓦を引っ掛ける用の桟木を取り付けます。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

瓦を屋根に上げて並べます。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

瓦を並べ終えたら、瓦を葺いていきます。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

本棟はこんな感じに仕上がります。熨斗瓦を4段積んで棟瓦を被せてます。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

部分葺き替えと修理が完了しました。

和水町 T様邸 瓦葺き替え工事

今回は雨漏りが酷い箇所を部分葺き替え、軽度の箇所は修理で対応しました。

瓦の下に敷いてある防水シート(ルーフィング)が機能していないと、雨漏りのリスクが非常に高くなります。

最近では線状降水帯による雨量がとても多く、劣化した防水シートでは防ぎきれなくなっています。

天井の染みが酷い場合は下地(野地板)が傷む前に、お早めに屋根工事店に相談されることをオススメします。

瓦葺き替えの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次