みやま市 | コロニアル劣化によるアスファルトシングルでのカバー工法

みやま市 T様邸 カバー工法

今回は福岡県、みやま市のT様邸のカバー工法をさせて頂きました。

コロニアル劣化による屋根リフォーム工事となります。

使用屋根材は旭ファイバーグラスのリッジウェイです。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

屋根工事 案件概要

工種カバー工法
工事場所福岡県みやま市
工事日2022.3
屋根材メーカー旭ファイバーグラス株式会社
屋根材名、色リッジウェイ, エステートグレー

屋根工事写真

みやま市 T様邸 カバー工法

雨漏りはしておりませんでしたが、25年以上経過しているため老朽化が見られました。

みやま市 T様邸 カバー工法

軒先と呼ばれる屋根の先側に、既存の屋根材の上に新しい板金を被せます。

みやま市 T様邸 カバー工法

粘着性のある防水シート(ルーフィング)を既存の屋根の上に貼っていきます。

みやま市 T様邸 カバー工法

防水シートを貼り終えたら、その上に屋根材を貼っていきます。

4本の釘とアスファルトセメント(接着剤)を棒付にした耐風施工となります。

みやま市 T様邸 カバー工法

屋根材が葺き上がるとグラデーション調の鮮やかな色に仕上がりました。

みやま市 T様邸 カバー工法

今回、棟部分は板金で仕上げています。

みやま市 T様邸 カバー工法

煙突部も綺麗に納まりました。

みやま市 T様邸 カバー工法

これで完成です。

コロニアル屋根のリフォームは10年〜20年くらいまでは再塗装で大丈夫です。

但し、20年を超えると耐久性が落ち、再度塗装をしても10年もたない可能性があります。

その場合は、葺き替え工事カバー工法がオススメします。

特にカバー工法は既存の屋根材の上に新しい屋根材を被せるので、アスベスト処理費を抑え、工期を短縮できます。

詳しくは以下のページでも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次