アスファルトシングルの耐用年数とメンテナンス方法

アスファルトシングルのメンテナンス方法

家の屋根がアスファルトシングルという屋根材なんだけど、耐用年数ってどのくらいなのかな?メンテナンス方法も知りたい

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

・アスファルトシングルとは
・アスファルトシングルの耐用年数
・アスファルトシングルのメンテナンス方法
・アスファルトシングルのメンテナンス費用の目安

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

というわけで今回は、アスファルトシングルの耐用年数とメンテナンス方法について紹介していきます。

屋根材の耐用年数が分かっていれば、屋根の劣化状況を把握しやすくなります。

さらに、修理やリフォームのタイミングが分かるので、状況に応じた適切な対応ができます。

アスファルトシングルの耐用年数とメンテナンス方法について詳しく知りたい方は、是非参考にしてみてください。

目次

アスファルトシングルとは

アスファルトシングルは、今から100年以上前にアメリカで開発され、北米の多くの住宅街で普及していて人気の屋根材です。

材料は、ガラス基材にアスファルトを塗った後、表面に石粒を吹き付けて接着させて作られています。

防水性や吸音性、デザイン性が高く、シート状で軽いことから、とても人気の屋根材となっています。

アスファルトシングルの耐用年数

スクロールできます
アスファルトシングル
アスファルトシングル

コロニアル
城北瓦の新築屋根工事 植木
陶器瓦
耐用年数約20〜30年約20〜30年約50年以上
屋根材の耐用年数比較

アスファルトシングルの耐用年数は、約20年~30年です。

以前は約10年~20年の耐用年数がでしたが、改良を重ねることで屋根材の寿命が伸びました。

立地や気候条件などによっては耐久年数が異なる場合があります。

アスファルトシングルの劣化を知る!確認すべき3つのポイント

下益城郡 城北瓦の新築屋根工事

アスファルトシングルの屋根の劣化を知るには、確認すべき3つのポイントがあります。

・屋根材の剥がれ・浮き
・屋根材の脱落・飛散
・屋根材の表面の状態

屋根材の剥がれ・浮き

アスファルトシングルは、劣化が進むと屋根材の剥がれや浮きが見られます。

屋根材は釘と接着剤(セメント)で固定されていますが、釘が緩く止まっていたり、接着剤が不足したりしていると、剥がれや浮きの原因になリます。

剥がれたり、浮いた状態で風にあおられると、アスファルトシングルは柔らかい屋根材なので、ちぎれてしまうことがあります。

屋根材の落下・飛散

アスファルトシングルは柔らかい素材のため、風の影響を受けやすいです。

特に急勾配の屋根は、風を受ける面積が大きいため、風に対しての被害リスクが高くなります。

台風や強風の後は、屋根材の落下や飛散などを確認するようにしましょう。

アスファルトシングルは、軽い屋根材なので、万が一飛散しても隣近所への被害も少なく、人的被害の可能性も低く安心です。

屋根材の表面の状態


経年劣化した状態

アスファルトシングルの表面にある石粒が、経年劣化で層となって剥離し下地が露出してしまいます。

屋根材の表面の状態をチェックして、劣化の状態を把握しておくようにしましょう。

アスファルトシングルのメンテナンス方法

城北瓦のアスファルトシングル新築屋根工事 熊本市城南

アスファルトシングルには、4つのメンテナンス方法があります。

・剥がれや浮きの補修
・塗装
・カバー工法
・葺き替え

剥がれや浮きの補修

アスファルトシングルの剥がれや浮きは、周辺を清掃し剥がれや浮きのある部分を、接着剤(セメント)用いて貼り合わせます。

早い段階であれば、剥がれや浮きがあったことがわからないくらいキレイに仕上がります。

屋根の塗装

アスファルトシングルの屋根表面の石粒の剥がれには、屋根塗装がオススメです。

屋根を塗装することで、アスファルトシングルを保護できます。

ただし、屋根塗装の場合1色になるため、立体感のあるグラデーション調は失われます。

油性塗料を使用すると、アスファルトの成分が抜け出し、美観性と耐久性が低下するため、必ず水性の塗料を使用しましょう。

カバー工法

カバー工法は、既存の屋根材の上からそのまま新しい屋根材をかぶせることができます。

既存屋根材の撤去と廃材処理を省けるので、葺き替え工事より工期が短く、費用が安いメリットがあります。

屋根材の撤去が難しい住宅密集地や街中で人気のリフォーム方法です。

カバー工法の費用については、以下のページで詳しく紹介しています。

葺き替え

葺き替えは、既存の屋根をすべて撤去し、新しい屋根材を取り付ける工法です。

葺き替えのメリットは、既存の屋根材をすべて撤去するので、屋根材の下にある傷んだ下地から補修することができます。

さらに、屋根も軽くなるので、耐震性の向上も期待できます。

全体的に下地が酷く傷んでいる場合は、葺き替えをお勧めします。

まとめ:アスファルトシングルの万能な屋根材です。

アスファルトシングルの耐用年数は、約20年〜30年。一般的によく使われる屋根材と同じ耐久性(瓦を除く)です。

部分補修や塗装、カバー工法など、状況に合わせたメンテナンスをすることで、耐久年数、それ以上の効果を発揮します。

特にカバー工法は、リーズナブルな費用で屋根リフォームができます。

しっかりメンテナンスをして、少しでも丈夫な屋根を保ちしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる