【これで大丈夫!】アスファルトシングルのメンテナンス方法を紹介します

アスファルトシングルのメンテナンス方法

北米で人気のアスファルトシングルですが、日本では瓦屋根やスレート屋根のように普及しておらず、メンテナンス方法がわからないという方もおられるのではないでしょうか?

メンテナンス方法を理解するには、アスファルトシングルの耐用年数や劣化症状についても併せて知っておくのがオススメです。本記事では、アスファルトシングルのメンテナンス方法についてわかりやすく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

▼記事を読めばこのようなことがわかります
・アスファルトシングルの基本情報
・アスファルトシングルの屋根の状態を知るポイント
・アスファルトシングルのメンテナンス方法
・アスファルトシングル屋根のメンテナンス費用の目安

blank

1.アスファルトシングルとは

アスファルトシングルは、ガラス基材にアスファルトを塗った後、表面に石粒を吹き付けて接着させた屋根材です。

今から100年以上前にアメリカで開発され、北米で普及しており人気があります。防水性や吸音性、デザイン性が高く、シート状のため軽いことも人気の秘密です。

アスファルトシングルついて詳しく知りたい方はコチラからどうぞ。
アスファルトシングル屋根材について【分かりやすく説明します】

2.アスファルトシングル屋根の耐用年数

アスファルトシングルの耐用年数は、約20年~30年と言われています。一時期は、耐用年数が、10年~20年の耐久性がない屋根材と言われていましたが、開発が進み耐用年数は長くなりました。

ただし、立地や気候条件などによっては、約10年~20年で葺き替えやカバー工法が必要となる場合があるため注意が必要です。

3.アスファルトシングル屋根の状態を知る!確認すべき3つのポイント

下益城郡 城北瓦の新築屋根工事

アスファルトシングル屋根の状態を知るには、確認すべき3つのポイントがあります。

・屋根材の剥がれ・浮き
・屋根材の脱落・飛散
・屋根材の表面の状態

屋根の状態を知るには、3つのポイントをチェックしておくことが重要です。それぞれ解説していきます。

3-1.屋根材の剥がれ・浮き

アスファルトシングル屋根は、経年劣化で剥がれや浮きが見られます。アスファルトシングルは、釘と接着剤(セメント)で固定されています。加圧や接着剤が不足していると、剥がれや浮きの原因になるのです。

剥がれた状態や浮いた状態で、風にあおられると柔らかい屋根材であるアスファルトシングルは、ちぎれてしまうこともあります。

3-2.屋根材の脱落・飛散

台風などの強風の後は、アスファルトシングルの脱落や飛散がないのか確認するようにしてください。

アスファルトシングルは柔らかい素材のため、風の影響を受けやすい屋根材です。しかし、アスファルトシングルは、デザイン性の高さから急勾配のログハウスなどで多く用いられます。

特に急勾配の屋根の場合は、脱落や飛散がないのかを、定期的に確認しておいた方が良いでしょう。

3-3.屋根材の表面の状態

アスファルトシングルの表面には、石粒が吹き付けられています。この石粒は、施工後1年くらいで、ある程度剥がれることを想定して余分に付けられています。

しかし、経年劣化が進行すると、石粒は層となって剥離し下地が露出してしまいます。屋根材の表面の状態をチェックして、劣化の状態を把握しておくようにしましょう。

4.アスファルトシングルの4つのメンテナンス方法

城北瓦のアスファルトシングル新築屋根工事 熊本市城南

アスファルトシングルには、4つのメンテナンス方法があります。

・剥がれや浮きの補修
・塗装
・カバー工法
・葺き替え

アスファルトシングル屋根の状態によって、適切なメンテナンス方法は異なります。それぞれ解説していきます。

4-1.剥がれや浮きの補修

剥がれや浮きは、周辺を清掃し剥がれや浮きのある部分を、接着剤(セメント)用いて貼り合わせます。早い段階であれば、剥がれや浮きがあったことがわからないくらいキレイに仕上がります。

4-2.塗装

アスファルトシングルの屋根表面の石粒の剥がれには、屋根塗装がオススメです。屋根塗装により、アスファルトシングルの保護ができます。

油性塗料を使用すると、アスファルトの成分が抜け出し、美観性と耐久性が低下するため、水性の塗料を使用しましょう。

4-3.カバー工法

アスファルトシングル屋根の劣化が進んでいる場合であっても、下地が傷んでいない場合は、葺き替えではなくカバー工法がオススメです。

既存の屋根材の上を新しい屋根材で覆うカバー工法は、屋根を解体し廃材処理の必要がないため、葺き替えと比較して工期が短く費用が安くなります。

もっとカバー工法について詳しく知りたい方はコチラからどうぞ。
屋根工事のカバー工法(重ね葺き)について解説します。

4-4.葺き替え

既存の屋根を取り外し、新しい屋根材を取り付けるのが葺き替えです。葺き替えは、下地補修が必要な場所がわかりやすく、下地補修の作業もしやすくなります。

下地が補修されて、屋根材も新しくなるため、屋根の寿命が伸びます。軽い屋根材を選ぶことで耐震性の向上も期待できます。

5.アスファルトシングル屋根のメンテナンス費用の目安

城北瓦の屋根リフォーム 筑後

アスファルトシングルは、耐久性の高い屋根材です。しかし、雨風にさらされると劣化も起こります。本章では、アスファルトシングル屋根のメンテナンス費用の目安を紹介します。

補修 約1万円~3万円
塗装 約30万円~50万円
カバー工法 約50万円~150万円
葺き替え 約70万円~200万円


あくまで一般的な屋根の大きさ(約30坪・約100㎡)の場合の目安のため、メンテナンスの予定のある方は、必ず専門業者に見積もりを依頼して、金額を確認するようにしましょう。

6.まとめ:アスファルトシングル屋根は10年に1度点検しよう!

大牟田 屋根リフォーム カバー工法

今回は、アスファルトシングルのメンテナンス方法について解説しました。アスファルトシングルの耐用年数は、約20年~30年です。

アスファルトシングルは、デザイン性の高さから急勾配のログハウスなどでよく用いられます。風の影響を受けやすい設計や立地の場合は、特に屋根の状態を気にしておきましょう。

屋根は、普段見えない場所ですが、私達の生活を守る大切な場所です。どんな屋根材であっても、10年に1度は専門業者に定期的な点検をしてもらうのが良いでしょう。

熊本県北部・福岡県南部で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

熊本県北部・福岡県南部で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

無料屋根点検・お見積りを依頼する

blank

関連記事

  1. ルーフィング(防水シート)
  2. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  3. アスファルトシングル
  4. 雨漏りの原因となる雨樋の5つの不具合とは?
  5. 太陽光
blank

blank

blank

最近の記事

  1. 大牟田 T様 お客様の声
  2. blank
  3. 屋根リフォーム 栄四郎瓦 プラウドUU 鹿央町 M様邸
  4. 荒尾市 Y様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
  5. 熊本市東区 E様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
PAGE TOP