【福岡・大牟田市】塗膜による雨漏り修理

城北瓦 大牟田市 塗膜による雨漏り修理

今回は福岡、大牟田市の雨漏り修理をさせて頂きました。セメント瓦のご自宅で、瓦の塗装後に雨漏りが始まったそうです。そこで私たち屋根専門業者がすぐに思いつくのが『塗膜』です。瓦と瓦の隙間に塗料が固まって、排水できなくなる問題です。通常は塗装後に塗料が固まったら瓦と瓦の隙間を空ける『縁切り』作業をします。塗装業者のWebサイトなどを見ると基本作業として記載されています。これを忘れてしまったのが原因です。ここでは問題箇所と解決方法を紹介しています。

※写真は実際の工事記録写真からの抜粋となります。写真写りが悪い場合がございますので、ご了承ください。

屋根工事 案件概要

工種 塗膜による雨漏り修理
工事場所 福岡県 大牟田市
工事日 2019.9

屋根点検で見つかった問題箇所

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

既に雨漏りしていた為、ブルーシートがかけてありました。ただセメント瓦自体は大きな損傷はなく、パッと見では分かりません。普通の方だと『何で雨漏りしているの?』と思います。

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

瓦をよく見ると、再塗装した時の塗料が瓦の隙間に固まって詰まっています。この『塗膜』が雨漏りの原因と思われます。

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

本来なら大雨や台風時に横から入った雨水は、下に流れきちんと排水できる構造になっています。この出口部分が塞がったことで、雨水が逆流し、瓦の下に溜まり続け、雨漏りに繋がります。雨漏りを長く放置すると瓦の下にある野地板(下地)も腐ってしまいます。その場合、瓦の葺き直し+下地(野地板)の張り替え』となり工事費用も高額です。既に雨漏りをしているので、早急に改善に取り掛かります。

*()は専門用語です。

雨漏り修理工事開始

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

ヘラなどでもできますが、塗料の固まり具合によっては力が必要ですので、剣スコップをテコの原理で使用した方が作業が早いです。全ての瓦に隙間を作ります。

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

再塗装はされていますが、古いセメント瓦なので、作業中に瓦が割れる可能性があります。予備瓦を用意しておきましょう。瓦全体の損傷がひどい場合は『屋根リフォーム』をお勧めします。

【福岡・大牟田市】塗膜処理による雨漏り修理完了

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

塗装後の『縁切り』をきちんとしていれば、必要のない工事だったでしょう。何故この作業を忘れてしまったか理由は分かりませんが、『お金を払って瓦を綺麗にしたら、雨漏りした…』では困りますよね。業者を選ぶ際はその場で即答せずに、まずは地元の詳しい方や、インターネットなどで調べることをお勧めします。約30年以上経過しているセメント瓦でしたら、塗装ではなく新しい瓦や他の屋根材で『屋根リフォーム』を検討されることをお勧めします。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

福岡県大牟田市で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦の屋根リフォーム工事 福岡大牟田ヒラシマフィットライン335
  2. 城北瓦 玉名市 谷交換
  3. 城北瓦 菊池市 漆喰のはがれ
  4. 城北瓦 大牟田市 瓦の一部葺き替え
  5. 城北瓦 菊池市 ガルバリウム屋根の雨漏り修理
  6. 城北瓦 荒尾市 隅棟の屋根修理




最近の記事

  1. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  2. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 ROOGA 鉄平
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 セラムFフラット
PAGE TOP