熊本市西区 | セメント瓦塗装の塗膜処理と瓦の劣化による雨漏り修理

城北瓦 西区 塗膜処理と瓦の老朽化

今回は、熊本、西区の屋根修理をさせて頂きました。セメント瓦の老朽化と塗膜、コーキング処理の不具合による雨漏りです。熊本震災の際に一度修理をされたそうですが、修理後に雨漏りが始まったそうです。屋根専門業者以外が修理されたんでしょう。問題箇所を見ながら解説したいと思います。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

屋根工事 案件概要

工種屋根修理
修理内容瓦の一部取り換え(葺き直し)
工事場所熊本、西区
工事日2019.10

屋根点検で見つかった問題箇所

城北瓦の屋根修理 西区

本棟(屋根の一番高い部分)近くに雨水が流れ込んでルーフィング(防水シート)が破れていました。

城北瓦の屋根修理 西区

セメント瓦に再塗装がしてありました。以前何度か紹介していますが、塗装の際に瓦と瓦の隙間の『縁切り』がされておらず、さらにコーキング処理で隙間を埋めてありました。雨水が完全に排水できない状態です。これにより雨水が瓦の内側にたまり逆流し、雨漏りが発生します。

城北瓦 大牟田 雨漏り修理

雨水の排水イメージです。

城北瓦の屋根修理 西区

また、赤丸で囲んでいる部分は通常なら板金で排水できるように作るのですが、材料がなかったのかなんばん(灰色の部分)で排水の道が作ってありました。あまり機能していません。以上の内容と一部の瓦が痛んでいたので、『雨漏り修理+一部瓦取り換え(葺き替え)』工事となりました。

屋根修理工事開始

城北瓦の屋根修理 西区

痛んでいるセメント瓦を剥いで、新しいルーフィング(防水シート)を貼ります。次に瓦を引っ掛ける桟木を取り付けます。

城北瓦の屋根修理 西区

ガルバリウム鋼板の方に水が流れるように板金を加工して取り付けます。

城北瓦の屋根修理 西区

これで雨水がガルバリウム鋼板の方に排水できます。

城北瓦の屋根修理 西区

水を排水する板金を瓦の下にうまく挟んで綺麗に仕上がりました。瓦も一部取り替えましたので、隙間もしっかり確保できました。これで雨水がしっかり排水できます。

【熊本市・西区】塗膜処理と瓦の老朽化による雨漏り修理完了

城北瓦の屋根修理 西区

いかがでしたでしょうか。当サイトで何度か紹介しておりますが、セメント瓦の塗装は『縁切り』処理を忘れると雨漏りに繋がります。この『縁切り』は屋根塗装後の基本的な処理ですので、ちゃんとした塗装業者であれば問題なくやってくれます。一般の方にはわかりづらく申し訳ないのですが、屋根・壁の塗装は『塗装業者』、屋根の取り換えや修理は『屋根専門業者』と異なります。(どちらもやっている業者もあります。)

専門外の方が間違った知識で修理をすると雨漏りの原因となる可能性がありますので、業者選びにはご注意ください。心配であれば業者さんに『縁切りをお願いします。と確認されると良いでしょう。約30年以上経過しているセメント瓦については耐久年数を越えていますので、塗装ではなく屋根リフォームをご検討ください。屋根修理・塗装の際の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる