山鹿市 | 雨漏りと老朽化による瓦屋根の葺き替え工事

屋根リフォーム 栄四郎瓦 プラウドUU 鹿央町 M様邸

今回は熊本県、山鹿市のM様邸の瓦の屋根葺き替え工事をさせて頂きました。瓦の劣化により一部雨漏りしていて、ブルーシートで応急処置がしてありました。

使用屋根材は栄四郎株式会社栄四郎プラウドUUです。

目次

屋根工事 案件概要

工種瓦葺き替え工事
工事場所熊本県山鹿市
工事日2021.4
屋根材メーカー栄四郎株式会社
屋根材名、色栄四郎プラウドUU, 銀黒

屋根工事写真

山鹿市 瓦の葺き替え工事 ブルーシート応急処置

瓦の劣化が進んでおり、雨漏りが発生していました。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 セメント瓦の劣化具合

こちらはセメント瓦です。セメント瓦は劣化してくると苔が生えたり、写真のようにザラザラしてきます。

セメント瓦の劣化が進むと表面の防水機能が弱まり、水を吸収しやすくなってしまいます。写真の白い線は雨水が瓦の下に流れ込んだ跡です。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 瓦剥ぎ

では工事を始めます。まずは古い瓦を剥ぎます。枚数がかなりあるので、今回はクレーンを使って作業を行います。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 瓦剥ぎ後

写真のボロボロになっている紙のようなものが、ルーフィングと呼ばれる防水シートです。経年劣化でボロボロになっています。防水シートの効果が無くなっているので、長期間放置すると、下地の板まで腐ってしまうので注意が必要です。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 ルーフィング&桟木打ち

新しい防水シートに張り替えて、桟木と呼ばれる瓦を引っ掛ける木を取り付けます。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 瓦上げ

次に新しい瓦をあげていきます。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 瓦上げ

施工しやすいよう決まった位置に瓦を並べます。

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 瓦葺き

瓦を葺きます。その次に本棟や隅などを仕上げていきます。一見ある程度完成できたのではないかと思われますが、仕上げには結構な日数がかかります。

屋根工事のビフォー・アフター

山鹿市 瓦の葺き替え工事  施工前と施工後

完成写真がこちらとなります。

屋根工事の解説

山鹿市 瓦の葺き替え工事 M様邸 完成

今回は昔ながらの日本建築の和風屋根から、平板瓦への屋根葺き替えとなります。
ひと昔前までは和風の瓦なら和風でという流れでしたが、震災・環境、時代の変化と共に選ばれる瓦も徐々に変わってきました。

平板瓦は一見スタイリッシュな洋風住宅向けと思われがちですが、このように銀黒色を使うことで上手くバランスが取れた仕上がりになります。また、シンプルながらもしっかりとした防災瓦ですので、地震や台風も安心です。

和風の瓦屋根を思い切って変えてみたい」という方は平板瓦(F型)を検討してみてはいかがでしょうか?

以下のページでも似たような施工実績を紹介していますので是非参考にしてみてください。

▼日本瓦から平板瓦の施工実績の紹介
【熊本・荒尾市】T様邸 瓦葺き替えの屋根リフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
屋根のリフォーム・雨漏り修理などの屋根のお悩み解決します

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検を行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約15分程度で点検可能です。

早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根でお困りの際はお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

屋根工事専門の城北瓦株式会社で営業・マーケティングを担当。経験豊富な弊社営業・職人スタッフ監修の基、この記事を執筆しています。お客様のライフサイクルに合わせたご提案を心がけております。

目次
閉じる