和水町U様邸の屋根リフォーム(葺き替え)工事

今回は和水町のU様邸の屋根リフォーム(葺き替え)工事を行いました。現在のセメント瓦が老朽化の為、粘土瓦への取り替えとなります。屋根材は栄史朗瓦株式会社の和形の三州粘土瓦、銀いぶしを使用。日本の伝統ある景観を表現した、いぶし銀の優雅で落ち着いた和瓦です。耐久性は50年以上で、半永久的に使用できる瓦です。また、この瓦は瓦と瓦の繋ぎ部分をツメで固定する構造になっており、強風による瓦ズレや飛散、落下なのどを防ぎます。地震や台風から家を守る防災瓦と呼ばれるに相応しい瓦です。弊社の標準施工は瓦一枚一枚をステンビスで固定します。

工種 屋根リフォーム(葺き替え)工事
工事場所 玉名郡和水町
工事日 2019.2.12
屋根材メーカー、色 栄史郎株式会社 三州粘土瓦 和形 銀いぶし

工事写真

瓦上げ(クレーン)

約4,000枚の瓦でしたので、今回はクレーンを使ってまとめて瓦を上げました。周辺にスペースがないとクレーンが使えない場合があります。クレーンが使えない場合は、巻き揚げ機で少しずつ瓦を上げます。その場合は時間を要し、費用も多少上がります。瓦の枚数が多い場合はクレーンが使えるのがベストです。

瓦取り付け工事(瓦葺き)

ビフォー・アフター

   

 

 

熊本、和水町 屋根リフォーム(葺き替え)工事完了

こちらの家は約100年以上前から先祖代々引き継がれてきたご自宅でしたので、家を傷つけないよう慎重に作業を進めました。築年数が長いと家自体が歪んでしまい、新築のように取り付けがスムーズにいかないことも多いです。事前に下地の板などの家の状態を確認することが重要です。

今回は瓦の枚数が多かったので、天気が良い日に人数をかけて一斉に瓦を取り付けました。仕上げには時間を要しましたが、無事に終わり、完成です。日本の伝統的な家が蘇りました。陶器瓦はメンテナンスフリーですので、再度の塗装も必要ありません。いぶし銀の瓦は時間と共に色が変わりますが、これはいぶし銀の特徴であり、色の変化が日本伝統の和風住宅の渋みと深みを表します。いつまでもこの美しいご自宅を大事にされてください。この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

ご自宅の屋根がご心配な方へ

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームよりお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

関連記事

  1. 玉東町 徳成寺 リフォーム前
  2. 植木O様邸04
PAGE TOP