【熊本・和水町】N様邸 瓦葺き替えの屋根リフォーム

城北瓦 和水 瓦葺き替え工事 石州防災瓦 平板

今回は熊本県、和水町のN様の瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事を行いました。ご自宅の小屋のセメント瓦が激しく痛んでいた為、屋根リフォームとなりました。通常セメント瓦は約10年ごとに塗装が必要で、約30年程度が寿命と言われています。こちらの瓦は既に30年以上が過ぎていたので、屋根リフォームの時期となります。

案件概要

工種 瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事
工事場所 熊本県 和水町
工事完了日 2019.11
屋根材メーカー 株式会社丸惣
屋根材名、色 石州防災平板瓦 ニューセラF

熊本県 和水町で瓦の葺き替え

熊本県、和水町でセメント瓦を平板(F型)の陶器瓦に葺き替える屋根リフォーム工事を行いました。使用する瓦は石州防災平板瓦ニューセラ(F型)、平板瓦となります。平板瓦は瓦の中でも一番シンプルで、和・洋風どちらの家にも合う柔軟性に優れた瓦です。今回は銀黒色を使って、和風のイメージを残しつつ新しくします。

屋根工事写真

瓦剥ぎ

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

まずは既存の瓦を剥ぎます。写真のように昔の野地板(下地)は隙間が見えています。隙間が大きすぎる場合は野地板(下地)を打ち直しなどをして補修をします。

瓦葺き(瓦の取り付け)

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

ルーフィング(防水シート)を貼って、桟木(瓦を引っ掛ける木)を取り付けたら、瓦を取り付けます。風を受けやすい軒先には瓦1枚にセブン釘ビスでしっかり固定します。2ヶ所止めることで、瓦が飛ぶのを最小限に抑えます。軒先が完成したら下から順番に平板瓦を取り付けていきます。平板瓦は1枚1枚すべてにビス止めを行います。(施工法は各地域や企業様によって多少異なる場合があります。)

棟の仕上げ

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

棟を仕上げます。平板瓦の棟は一般的にシンプルな造りですので、将来的な修理のリスクも低いです。本棟が仕上がったら完成です。

屋根工事のビフォー・アフター

城北瓦の屋根リフォーム 和水町 城北瓦の屋根リフォーム 和水町

城北瓦の屋根リフォーム 和水町 城北瓦の屋根リフォーム 和水町

城北瓦の屋根リフォーム 和水町 城北瓦の屋根リフォーム 和水町

【熊本・和水町】瓦葺き替えによる屋根リフォーム工事完了

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

今回は、熊本県和水町の瓦葺き替えによる屋根リフォーム(葺き替え)の紹介でした。陶器瓦の銀黒色が綺麗に輝いて小屋が生まれ変わりました。屋根を変えることで機能性だけではなく家全体の見た目が良くなります。平板瓦(F型)はシンプルですが、色んな屋根に合わせやすく屋根リフォームに最適な瓦の一つと言えます。シンプルながらも防災瓦としての機能もしっかりしており、台風、地震にも強いです。瓦を使いたいけどシンプルにであれば陶器瓦の平板(F型)がお勧めです。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本県和水町で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根リフォーム・屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦の新築屋根工事 益城 プラウドプレイン
  2. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 オークリッジスーパー
  3. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  4. 城北瓦 西区 隅棟ズレ
  5. 城北瓦の新築屋根工事 熊本嘉島 エスパニカ
  6. カバー工法をする時の注意点 カバー工法は既存の屋根はそのままになるので、既存屋根の下地がしっかりしていることが条件です。 今回の場合、以前に台風で一部のスレート(コロニアル)が飛んで差し替えられていた箇所が施工不良で雨漏りが起きていました。その為、雨水が少しずつ下地に染み込んで下地の一部が腐っていた状態です。下地の一部のみが傷んでいる場合は事前に補修をすることで『カバー工法』ができます。




最近の記事

  1. 雨漏りから家を守る。意外な雨樋の歴史を徹底解説
  2. 粘土瓦のメンテナンスフリーの本当の意味を教えます!
  3. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  4. 雨漏りの原因となる雨樋の5つの不具合とは?
  5. 雨漏り対策 屋根点検は梅雨・台風シーズンの3ヶ月前をお勧めする理由
PAGE TOP