【熊本・植木町】陶器瓦を使った瓦工事

城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 石州防災瓦

今回は熊本、植木町の新築屋根工事をさせて頂きました。使用屋根材は株式会社シバオの「石州防災瓦(J型)」です。J型のJは『JAPAN』の意味です。意匠をこらした日本の和風建築に相応しい、上品な瓦です。日本の和を十分に引き出します。日本情緒を演出し、いぶし色の輝きはご自宅の家を豪華に魅せます。また、防災瓦としての機能も充実しており、台風、大雨にも強い設計構造になっています。

※写真は実際の工事記録写真からの抜粋となります。写真写りが悪い場合がございますので、ご了承ください

屋根工事 案件概要

工種 新築屋根工事
工事場所 熊本県 植木町
工事日 2019.7
屋根材メーカー 株式会社シバオ
瓦名、色 石州防災瓦 和形 いぶし色

屋根工事写真

*()は分かりやすく説明しています。

ルーフィング(防水シート張り)&桟木打ち(瓦を引っ掛ける木)

城北瓦の新築屋根工事 植木

まずは下地(野地板)のうえに防水シート(ルーフィング)を貼ります。防水シートは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。防水シートは瓦で防ぎきれなかった雨水の侵入を守る役目をしています。防水シートを貼り終えたら、瓦を引っ掛ける為の、桟木を瓦の長さに合わせて取り付けていきます。

瓦上げ

城北瓦の新築屋根工事 植木

今回はユニック車を使って瓦を上げました。瓦の枚数や周辺環境によって瓦を上げる方法が異なります。

城北瓦の新築屋根工事 植木

瓦を上げる時は瓦を取り付け易いように写真のように一定の位置で並べていきます。細かい準備ですが、瓦を取り付ける時のスピードが変わり、作業効率が良くなります。

瓦葺き(瓦の取り付け)

城北瓦の新築屋根工事 植木

瓦を取り付けます。日本瓦(J型)の場合、ちどり緊結工法でビスを止めます。瓦同士がしっかり噛み合う設計ですので、台風時も安心の施工法です。※各地域の状況によって全数緊結工法をする場合があります。

棟の仕上げ

城北瓦の新築屋根工事 植木

隅棟を仕上げていきます。日本瓦の全体のバランスを考えて熨斗(ノシ)瓦を2段積んでいます。なんばんを塗ってしっかり固定し、さらに瓦を緊結して飛ばないようにします。

城北瓦の新築屋根工事 植木

隅棟に冠瓦を被せます。いぶし色が眩しいくらいに輝いています。これで完成です。

【熊本・植木町】新築の陶器瓦を使った瓦工事完了

城北瓦の新築屋根工事 植木

いかがでしたでしょうか。石州防災瓦(J型)は和型の中でも人気の陶器瓦です。日本建築、日本瓦が好きな方には最適な屋根材です。耐久性も非常に高く、約30年以上経過しても今と同じ輝きをしているでしょう。いつまでも家を豪華に魅せてくれるのが石州防災瓦(J型)です。日本瓦でいつまでも屋根を美しく…』であればメンテナンスフリーの石州防災瓦(J型)はお勧めです。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本市植木町で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦 西区 隅棟ズレ
  2. 城北瓦の新築屋根工事 熊本和水 ヒラシマフィットライン335
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本小山 プラウドUU
  4. 城北瓦 荒尾市 釘の抜け
  5. 城北瓦 玉名市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU
  6. カバー工法をする時の注意点 カバー工法は既存の屋根はそのままになるので、既存屋根の下地がしっかりしていることが条件です。 今回の場合、以前に台風で一部のスレート(コロニアル)が飛んで差し替えられていた箇所が施工不良で雨漏りが起きていました。その為、雨水が少しずつ下地に染み込んで下地の一部が腐っていた状態です。下地の一部のみが傷んでいる場合は事前に補修をすることで『カバー工法』ができます。




最近の記事

  1. 雨漏りから家を守る。意外な雨樋の歴史を徹底解説
  2. 粘土瓦のメンテナンスフリーの本当の意味を教えます!
  3. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  4. 雨漏りの原因となる雨樋の5つの不具合とは?
  5. 雨漏り対策 屋根点検は梅雨・台風シーズンの3ヶ月前をお勧めする理由
PAGE TOP