植木町 | 日本家屋にピッタリの石州瓦を使った新築住宅の瓦屋根工事

城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 石州防災瓦

今回は熊本、植木町の新築屋根工事をさせて頂きました。使用屋根材は株式会社シバオの「石州防災瓦(J型)」です。J型のJは『JAPAN』の意味です。意匠をこらした日本の和風建築に相応しい、上品な瓦です。日本の和を十分に引き出します。日本情緒を演出し、いぶし色の輝きはご自宅の家を豪華に魅せます。また、防災瓦としての機能も充実しており、台風、大雨にも強い設計構造になっています。

※写真は実際の工事記録写真からの抜粋となります。写真写りが悪い場合がございますので、ご了承ください

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

屋根工事 案件概要

工種新築屋根工事
工事場所熊本県 植木町
工事日2019.7
屋根材メーカー株式会社シバオ
瓦名、色石州防災瓦 和形 いぶし色

屋根工事写真

*()は分かりやすく説明しています。

ルーフィング(防水シート張り)&桟木打ち(瓦を引っ掛ける木)

城北瓦の新築屋根工事 植木

まずは下地(野地板)のうえに防水シート(ルーフィング)を貼ります。防水シートは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。防水シートは瓦で防ぎきれなかった雨水の侵入を守る役目をしています。防水シートを貼り終えたら、瓦を引っ掛ける為の、桟木を瓦の長さに合わせて取り付けていきます。

瓦上げ

城北瓦の新築屋根工事 植木

今回はユニック車を使って瓦を上げました。瓦の枚数や周辺環境によって瓦を上げる方法が異なります。

城北瓦の新築屋根工事 植木

瓦を上げる時は瓦を取り付け易いように写真のように一定の位置で並べていきます。細かい準備ですが、瓦を取り付ける時のスピードが変わり、作業効率が良くなります。

瓦葺き(瓦の取り付け)

城北瓦の新築屋根工事 植木

瓦を取り付けます。日本瓦(J型)の場合、ちどり緊結工法でビスを止めます。瓦同士がしっかり噛み合う設計ですので、台風時も安心の施工法です。※各地域の状況によって全数緊結工法をする場合があります。

棟の仕上げ

城北瓦の新築屋根工事 植木

隅棟を仕上げていきます。日本瓦の全体のバランスを考えて熨斗(ノシ)瓦を2段積んでいます。なんばんを塗ってしっかり固定し、さらに瓦を緊結して飛ばないようにします。

城北瓦の新築屋根工事 植木

隅棟に冠瓦を被せます。いぶし色が眩しいくらいに輝いています。これで完成です。

【熊本・植木町】新築の陶器瓦を使った瓦工事完了

城北瓦の新築屋根工事 植木

いかがでしたでしょうか。石州防災瓦(J型)は和型の中でも人気の陶器瓦です。日本建築、日本瓦が好きな方には最適な屋根材です。耐久性も非常に高く、約30年以上経過しても今と同じ輝きをしているでしょう。いつまでも家を豪華に魅せてくれるのが石州防災瓦(J型)です。日本瓦でいつまでも屋根を美しく…』であればメンテナンスフリーの石州防災瓦(J型)はお勧めです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる