【熊本・西区】コロニアル(スレート)屋根工事

城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 コロニアルグラッサ

今回は熊本、西区の新築屋根工事をさせて頂きました。使用屋根材はケイミューの「コロニアルグラッサ パールグレイ色」です。コロニアルは『スレート』『カラーベスト』とも呼ばれ、都心などではよく使われています。コロニアルは耐震にも強いことから、軽量屋根材としてシェアを伸ばしています。また、コロニアルグラッサは、標準のコロニアルクァッドのグレードアップ版で、グラッサコートと呼ばれるものが施され、コロニアルクァッドと比べ紫外線に強くなっています。

※写真は実際の工事記録写真からの抜粋となります。写真写りが悪い場合がございますので、ご了承ください。

屋根工事 案件概要

工種 新築屋根工事
工事場所 熊本県 西区
工事日 2019.10
屋根材メーカー ケイミュー
瓦名、色 コロニアルグラッサ、パールグレイ

コロニアル・グラッサは16色から選べるカラー

城北瓦 屋根材紹介 コロニアルグラッサ

屋根工事写真

※()は分かりやすい用語にしています。

ルーフィング張り(防水シート) 

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

防水シートは『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。ルーフィングは雨風でコロニアルの隙間から入った雨水を野地板(下地)にに侵入させない働きをしています。

コロニアル(スレート)上げ

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

『コロニアル(スレート)』を屋根に上げます。見た目は重く見えませんが、1枚約3.4kgで1束27.2kgもあります。

コロニアル(スレート)の取り付け

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

『コロニアル(スレート)』は1枚ずつ、下から重ねながらズレと隙間が出ないように取り付けます。

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

綺麗に並ぶとこのような感じに仕上がります。

棟の仕上げ

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

換気棟を2つ取り付けた後、板金の『棟包』を被せて仕上げています。換気棟を付けることで通気性を良くし、冬の結露を防ぎ、夏は室内の温度の上昇を和らげます。これで完成です。

【熊本・西区】コロニアル(スレート)屋根工事完了

いかがでしたでしょうか。『コロニアル・グラッサはとてもスタイリッシュな屋根材です。とても軽量で屋根の重さは瓦の半分程度です。耐震性も高く、都心では瓦より多く使われている人気の屋根材です。コロニアルが選ばれる理由の一つとして、初期コストが抑えられることです。但し、10年毎に塗装のメンテナンスが必要で、耐久性は約20年~25年程度です。瓦のように半永久的ではないのでお間違えないようにお気を付けください。

また、最近は古くなったコロニアルを『カバー工法』でリフォームされるケースが増えています。『カバー工法』とは既存の屋根を残したままアスファルトシングルやガルバリウム鋼板などの軽量屋根材を上から被せて屋根リフォームができる屋根工事です。既存のコロニアルを取り外す手間とコストが抑えられ、工期も短くなります。

カバー工法について

それぞれの屋根材にメリット・デメリットの特徴がありますので、ご予算や家に合わせて選ばれることをお勧めします。『コロニアルを使いたいけど、耐久性を考えて少し機能性をアップしたい』方には、『コロニアルグラッサ』がお勧めです。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本市西区で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦の新築屋根工事 熊本嘉島 エスパニカ
  2. 城北瓦 玉名市 瓦葺き直し
  3. 城北瓦 和水町 瓦葺き替え工事 三州陶器防災瓦
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 オークリッジスーパー
  5. 城北瓦の新築屋根工事 熊本益城 ROOGA(ルーガ) 雅
  6. 城北瓦 玉名市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU




最近の記事

  1. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  2. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 ROOGA 鉄平
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 セラムFフラット
PAGE TOP