【熊本・荒尾市】陶器瓦を使った瓦工事

城北瓦の新築屋根工事 熊本荒尾 プラウドUU

今回は熊本県、荒尾市の新築屋根工事を行いました。使用屋根材は新東株式会社の「三州防災瓦 和型 京銀色」です。和型は日本の伝統的な瓦で別名J型とも呼ばれます。J型のJは『JAPAN』の意味です。意匠をこらした日本の和風建築に相応しい、上品な瓦です。日本の和を十分に引き出します。最近は和風住宅が少なくなっていますが、和風住宅でこれほど屋根をシンプルに美しく輝かせる瓦はあまりないでしょう。また、防災瓦の機能としても充実しており、台風や地震にも強い作りとなっています。

屋根工事 案件概要

工種 新築屋根工事
工事場所 熊本県 荒尾市
工事日 2019.9
屋根材メーカー 新東株式会社
瓦名、色 三州陶器防災瓦、京銀色

屋根工事写真

*()は専門用語です。

防水シート張り(ルーフィング) 

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事00

下地(野地板)のうえに防水シート(ルーフィング)を貼ります。『改質アスファルトルーフィング』を使用しています。

瓦を引っ掛ける木の取り付け(桟木打ち) 

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事02

瓦の寸法に合わせて、この木材(桟木)を一定の幅で取り付けていきます。

瓦上げ

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事03

『三州防災瓦』が並びました!瓦の屋根への上げ方は周囲環境によって異なります。巻き上げ機、ユニック車、クレーンのいずれかで上げます。

瓦の取り付け(瓦葺き)

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事03

一枚一枚を丁寧に真っすぐ通るように取り付けていきます。

棟の仕上げ

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事05

黒いペタペタ塗ってるものは『なんばん』と呼ばれるもので、瓦を固定する働きをします。昔は『葺き土と漆喰(しっくい)』の2つが使われていましたが、今はこの『なんばんが』主流となります。防水性、耐久性共高く、これ1つで『葺き土と漆喰(しっくい)』の役目を果たします。

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事06

棟が真っすぐ仕上がりました。

鬼瓦の取り付け

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事07

鬼瓦の中でもシンプルな『カエズ鬼瓦』を使用です。最近は震災の影響で重さがあまりないシンプルなものが多くなりました。

【熊本・荒尾市】陶器瓦を使った瓦工事完了

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事07

写真だけでは伝わりづらいですが、実際に瓦が並んでいるのを目で見ると京銀色が豪華さがよく分かります。当社のショールームにございますので、是非一度本物を手に取ってご覧ください。

▼弊社のショールームはコチラのページで紹介しています。
ショールームについて

熊本 荒尾市 K様邸 新築屋根工事07

いかがでしたでしょうか。日本瓦には日本瓦の良さがあります。屋根を見るとなんとなくホッとする気持ち。子供のころから慣れ親しんでいたものからでしょうか。安心の瓦屋根の下で、いつまでも快適に過ごしてもらえれば幸いです。

全体の完成写真が撮れましたら、アップデートしたいと思います。
ひとまず屋根の完成ということでの報告となりました。

この度は城北瓦をご利用頂き、誠にありがとうございました。

熊本県荒尾市で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った屋根点検は約10分程度で完了します。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 プラウドUU
  2. 城北瓦 玉名市 瓦葺き替え工事 栄四郎プラウドUU
  3. 城北瓦 玉名市 谷交換
  4. 城北瓦 長洲町 瓦のズレ
  5. 城北瓦 西区 塗膜処理と瓦の老朽化
  6. 城北瓦の新築屋根工事 熊本植木 石州防災瓦




最近の記事

  1. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  2. 城北瓦の屋根リフォーム工事 熊本、荒尾市 栄四郎プラウドUU使用
  3. 城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 ROOGA 鉄平
  4. 城北瓦の新築屋根工事 熊本西区 セラムFフラット
PAGE TOP