【屋根リフォーム】失敗しないための屋根工事業者を選ぶポイントを5つ解説

優良屋根工事業者

屋根の修理が必要となったとき、屋根工事業者をどのように選んだら良いのか迷う方は多いと思います。雨漏りしたときや屋根の一部が損傷してしまったときなど、屋根の修理が必要なときは、業者選びが一番重要です。

屋根には、家族の暮らしを守る重要な役割があります。屋根工事業者を選ぶときは、適当に選んではいけません。残念ながら、必要以上に高額の工事費用を請求してきたり、手抜き工事をしたりする悪徳業者は存在するからです。

悪徳業者ではなくても、価格や工事の品質に差が出てしまうのが、屋根工事です。本記事を読めば、悪徳業者の手口がわかり、優良な屋根工事業者の特徴を把握できます。ぜひ参考にしてください。

本記事の内容
・どんな屋根工事業者が良いのか
・優良な屋根工事業者の特徴
・悪徳業者の手口

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

 1.屋根工事業者はどんな業者に頼めば良いのか

屋根の工事や屋根のリフォームを行うには、優良な工事業者に依頼することがとても重要です。優良な屋根工事業者には3つの特徴があります。

・適正な価格
・高い品質
・充実したアフターサービス

屋根の工事を依頼するときに一番気になるのが、価格だと思います。安ければ安いほど魅力的に感じますが、大幅に安いと工事の手順を省かれる可能性があるため注意が必要です。また、強引に押し勧めるリフォーム訪問業者などは大幅に料金が上乗せされている可能性があります。

さらに重要なのが、アフターサービスがしっかりしていることです。アフターサービスがしっかりしている業者は、手抜き工事をすると後々のアフターサービスで結局修理することになるため、手抜き工事を行いません。

例え、手抜き工事ではなくても、自然災害などで予期せぬ不具合が発生することがあります。アフターサービスがあって、工事後もしっかりとフォローしてくれる業者を選びましょう。

2.優良な屋根工事業者を選ぶ5つのポイントとは?

優良な屋根工事業者を選ぶには、ポイントがあります。優良な屋根工事業者を選ぶために知っておきたい5つのポイントは、以下の通りです。

・地元での施工実績
・説明が丁寧
・詳細な見積もり書
・点検や工事の記録
・ご近所さんへの配慮

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1.地元での施工実績

屋根工事業者は、地元の業者を選ぶようにしましょう。遠方の業者であった場合は、急に屋根の修理が必要になったときなど、必要なときにすぐ来てもらうことできず、アフターフォローも難しくなります。

また、業者が地元の場合は、地域の気候や土地の特性を理解しています。地元の業者なら実績や評判などの情報も集めやすいというのもメリットです。

優良な屋根工事業者は、施工実績があります。地元の業者であっても実績がない場合は、オススメできません。ホームページなどで、しっかりと業者の実績を確認するようにしょう。

2-2.説明が丁寧

手抜き工事をする業者や知識のない業者は、契約の説明はあっても、屋根工事の工程などの詳細な説明がありません。

契約者が知識をつけると手を抜くことができなくなったり、下請け業者に丸投げしているため、契約した業者が把握していなかったりするためです。契約内容や工事の説明が丁寧な業者を選びましょう。

2-3.詳細な見積もり書

屋根工事を依頼するときは、詳細な見積もり書であるかが大切です。大雑把な見積もりではなく、工事内容や単価、数量などの記載がしっかりあるのかどうかを確認しましょう。

2-4.点検や工事の記録

業者の中には、嘘の報告をしてくる悪質な業者も存在します。屋根は普段見えない場所であるため、点検時の写真などの記録を残してくれるのかを確認しておきましょう。また、工事終了後はわかりやすい工事報告書を提出してもらえるのも安心のポイントです。

2-5.ご近所さんへの配慮

意外に重要なのがご近所さんへの配慮です。屋根の工事は、足場を組む際の騒音や塗料の臭いなど、ご近所の方々に一定の負担があります。

屋根の工事で心配なことのひとつは、工事がご近所さんとのトラブルに発展してしまうことです。優良な工事業者は、事前にお客様に近所の状況などを伺いながら、ご近所の方への配慮があるため安心して屋根の修理を依頼することができます。

3.知っておきたい!悪徳業者の3つの手口

前の章では、優良な屋根工事業者を選ぶポイントを解説しましたが、本章では悪徳業者がよく使う3つの手口について紹介します。

・大幅な値引き
・不安を煽ってくる
・火災保険を悪用した屋根工事

それぞれ解説していきます。

3-1.大きな値引き

大幅な値引きは、書面上の金額操作を不正に行っている可能性があり、誠実さに欠ける業者だと言えます。誠実な屋根修理業者の見積もり書の金額は、既に値引きを行ったギリギリの金額を提示しているのです。

また、極端な大幅な値引きは利益を出すために質の低い材料を使用していたり、必要な工程を省いていたりと低品質の屋根工事になってしまう可能性もあります。

3-2.不安をあおってくる

屋根は、普段なかなか見る機会が少ない場所です。そのため、屋根の状態などがわからないことや契約者の知識がないことを逆手にとって、不安をあおってくる業者がいます。

不安をあおってくる業者は、悪徳業者である可能性があるため、気をつけた方が良いでしょう。すぐに契約してしまわずに、複数の業者の見積もりをとったり、1人で決めずに誰かに相談したりしてから契約するようにしましょう。契約を急がせる業者は特に注意しましょう。

3-3.火災保険を悪用した屋根工事

経年劣化による修理ではなく、自然災害による損傷の修理は、火災保険で屋根修理できる可能性があります。しかし、火災保険が使えないのに、虚偽の申告による火災保険での修理や大きな全体リフォームばかり勧める悪徳業者がいます。

条件によって火災保険が使用できなかったり、屋根修理費用の一部しか火災保険の適用がなかったりする場合があるため注意が必要です。

4.まとめ:安心して屋根工事を依頼できる業者を探そう!

今回は、優良な屋根工事業者を選ぶポイントを解説しました。屋根の工事は、色々な業者がいるため迷ってしまうものです。

しかし、屋根工事業者の中には、悪質な業者も存在し工事価格が、必要以上に高額な場合があります。価格だけの問題だけでなく、工事終了後に雨漏りしてしまい、何度も修理が必要になってしまう場合もあります。

屋根は建物を守る重要な場所です。本記事が、優良な屋根工事業者を選ぶ参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる