【基礎知識】ドローンで屋根点検・調査をするための3つのメリット

ドローン屋根点検の3つのメリット

「ドローンで屋根点検ができるって聞いたんだけど、実際どうなの?」

「一般的な屋根点検との違いを教えて欲しい!」

このような疑問にお答えします。

今回の記事では、ドローンで屋根点検・調査をするためのメリットを解説していきます。ドローン点検と言われても、あまり馴染みがないかと思いますが、一般的な屋根点検と比較して屋根に登る必要もなく、気軽に点検を行うことができます。その他どのようなメリット・デメリットがあるのかなど、詳しく見ていきましょう。

▼記事を読めばこんなことが分かります
・ドローンで屋根点検をするメリット
・ドローンで屋根点検をするデメリット
・ドローンで屋根点検をする場合の点検・調査の費用

1.ドローンで屋根点検をする3つのメリット

blank

ドローンで屋根点検をする3つのメリットを解説していきます。一般的な屋根点検と比較すると、ドローンだからこそできる点検でもありますので、メリットをしっかり理解していきましょう。

<3つのメリット>
メリット①:屋根材が割れる心配がない
メリット②:問題箇所を一緒に確認ができる
メリット③:直接点検が難しい場所の点検もできる

1-1.屋根材が割れる心配がない

劣化が進んでいる屋根の場合、点検などで登ったときに屋根材が割れてしまう場合があります。ドローン点検であれば、屋根に登ることなく点検ができますので、屋根材をさらに傷めるリスクを減らすことができます。

1-2.問題箇所を一緒に確認ができる

城北瓦の長洲の屋根修理前01

ドローンに搭載されているカメラで撮影した写真や動画を一緒に確認することができます。実際に屋根の状態を確認しながら説明を受けることができるので、屋根のどの部分が劣化しているのかをしっかりと把握することができます。 また、屋根に登って撮影するよりも高い位置から撮影することができるので、屋根全体の状態もよりイメージしやすくなります。

1-3.直接点検が難しい場所の点検もできる

屋根の上は、勾配があり、滑りやすくなっていますので、職人さんであっても注意が必要です。特に、傾斜がきつい屋根の場合は、はしごでも登れない場合が多く、ドローンを活用することで、屋根に登る必要もなく、安全を優先して点検を行うことができます。 棟板金、棟板金を留める釘の点検はもちろんのこと、実際に屋根に登ると点検が難しい「破風板」や「下屋根」の点検もしっかりとすることができます。

2.ドローンで屋根点検をする3つのデメリット

ドローンで屋根点検をするメリットを解説してきましたが、実際に屋根に登って点検するときとは異なる部分やデメリットもあります。

<3つのデメリット>
デメリット①:ドローンの飛行禁止区域では点検ができない
デメリット②:風が強い日などの悪天候では点検ができない
デメリット③:ドローンでは点検できない場所がある

2-1.ドローンの飛行禁止区域では点検ができない

ドローンを飛ばすときは、空港周辺NG、人口密集地区NG、目視外飛行NGなどの航空法に従って飛ばす必要があります。 また、航空法以外にも、私有地の上空、道路からの離着陸など、ドローン規制の対象がありますので、ドローン点検する場所が飛行禁止区域かどうかを調べておく必要があります。

2-2.風が強い日などの悪天候では点検ができない

直接、屋根に登る場合もそうですが、特にドローンは風の影響を受けやすいので、風の強い日や悪天候の場合の点検は基本的にできません。 ドローン点検をするときは、天気予報などを確認しながら、スケジュール調整をすることをおすすめします。

2-3.ドローンでは点検できない場所がある

ドローン点検では、屋根全体の状態をベースに「破風板」や「下屋根」といった直接点検が難しい場所の点検が可能ですが、目視では確認できない屋根の傷みや、長年の経験や知識があってこそ特定できる劣化箇所といった部分は、ドローンで点検することが難しくなります。

3.ドローンで屋根点検をする場合の点検・調査の費用

ドローンで屋根点検をする場合の「メリット」・「デメリット」を解説してきましたが、実際に点検・調査した場合の費用について解説していきます。

3-1.約5,000円〜30,000円が一般的な費用

ドローンを活用した屋根点検の相場は、約5,000円〜30,000円が一般的です。費用に幅がありますが、ドローン点検後のサービス内容により費用が異なります。 例えば、ドローンで撮影した映像や写真を貰うことができる、報告書を作ってくれる、詳細の説明を受けることができるなどです。

ドローン点検をする場合は、事前にどのようなサービスが含まれているかも確認しておきましょう。 また、ドローンを活用することで、足場を設置しての点検をする必要がなく、費用を大きくカットすることができますし、調査時間の短縮にもなりますので、効率的に時間を使うこともできます。

3-2.全国の優良屋根工事店が集まったドローン屋根点検専門サイトがある

城北瓦 三方よしの屋根点検

被災地支援プロジェクトとして、全国の優良屋根工事店が集まったドローン屋根点検専門サイトがあります。5,000円で全国の屋根工事店にドローン屋根点検が依頼できます。遠く離れた実家の屋根を点検に利用したりもできます。この5,000円は災害地復興支援としても寄付されます。

自然災害や悪徳業者が多くなるなか、いつでも声をかけてもらえる屋根工事店さんを増やそうという想いも込められています。弊社も参加させて頂いております。

三方よしの屋根点検を詳しく知りたい方はコチラ。
三方よしのドローン屋根点検

4.まとめ:ドローンで屋根点検をする場合のコツ

ドローン屋根点検は作業効率、安全性が高いです。そして、お客様にその場で写真を見せながら説明できたりと、これまでになかった画期的な屋根点検方法です。まだまだ、ドローン屋根点検を導入している業者は少ないですが、今後増えていくと思います。

「ちょっと屋根が古くなってきてるから見てもらいたい」

「台風後に雨漏りがする、瓦がズレている感じがする」

など、屋根に不安を感じたら一度ドローン屋根点検をお勧めします。実際に点検してみたら意外と簡単に直ったということもありますので、お気軽にお近くの信頼がおける屋根専門業者に問い合わせてみることをお勧めします。

熊本県北部、福岡県南部の屋根工事なら『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根リフォーム・屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けております。お気軽にご利用ください。

メール・LINEで相談する


blank

関連記事

  1. 粘土瓦のメンテナンスフリーの本当の意味を教えます!
  2. 城北瓦 中国で、大連で再脚光?日本伝統の瓦の価値
  3. はしごの使い方
blank

blank

blank

最近の記事

  1. ガルバリウム鋼板屋根の耐久性
  2. アスファルトシングルのメンテナンス方法
  3. ガルバリウム鋼板の遮音性
  4. カバー工法ができるスレート屋根の条件
  5. コロニアルグラッサが長持ち
PAGE TOP