【重さ199g】申請いらずのドローンがついに発売! | 城北瓦

【重さ199g】申請いらずのドローンがDJI社からついに発売!

城北瓦 申請いらず ドローン 発売

2019年10月31日にDJI社より199gのDJI MAVIC mini(日本版)が発売されました。
これが凄いんです。何が凄いかと言うと…。

blank

1.国土交通省への飛行申請が必要ない

ドローン新型199g

引用:DJI公式Webサイトより

これまでドローンを商用で買いたいけど、飛行申請方法がよくわからないし、面倒で買わずじまいの方も多いと思います。私はネットの情報などを参考にしながら申請しましたが、こういう申請に慣れてないとちょっと面倒です。この申請がなくなったことでDJI MAVIC mini(日本特別モデル)はかなりの数売れるのではないでしょうか。DJI社の日本ドローン市場への本気度が伺えます。

既に購入を検討されていた方は早めに購入される方が良いかもしれません。私の周りでも興味をお持ちの方が結構いらっしゃいましたので、紹介したいと思います。とにかく申請がいらないのは助かりますよね。ただし、高速道路近くや、国の重要文化財近くなどの指定区域は飛ばせません。どこでも飛行OKではありませんので、ご注意ください。

2.小型でもハイスペック

ドローン新型199g

引用:DJI公式Webサイトより

DJI社の公式ページを参考に簡単にスペック内容をまとめました。46,200円でこのスペックはありがたいですね。1200万画素のセンサーで2.7kの動画も撮影できます。空のGo Pro的なポジションを確実にしそうな勢いです。

機種名 Mavic Mini 日本特別モデル
発売日 2019/10/31
重さ 199g
本体サイズ ・折りたたんだ状態:82(幅)×57(高さ)×140(奥行)mm
・展開時:202(幅)×55(高さ)×160(奥行)mm
・展開時:(プロペラあり)が290(幅)×55(高さ)×245(奥行)mm
価格 ・スタンダード版:46,200円
・フライモアコンボ版:59,400円
(360度プロペラガード、予備バッテリーセット)
飛行時間 18分
センサー 1200万画素 1.2/3型CMOSセンサー
静止画サイズ 4:3:4000×3000
16:9: 4000×2250
動画解像度 2.7K:2720×1530 25/30 p
FHD:1920×1080 25/30/50/60 p

引用:DJI社公式サイトより

3.Mavic Mini(日本特別モデル) 紹介動画

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=hS_OjalEpZI[/embedyt]

引用:DJI公式Webサイトより

4.弊社使用中のドローン Phontom 4 Proとの比較

MAVIC miniはYoutubeやSNS用の簡単な広告であれば、十分使えるスペックです。申請いらずでポケットサイズの小ささでどこにでも気軽に持っていけるのが魅力です。Photom 4 Proの場合、サイズが大きいので持ち運びが大変だったり、屋根点検の際に周囲の人に目立ちすぎるのがデメリットだったりします。

機種名 MAVIC mini Photom 4 Pro
申請 不要 必要
重さ 199g 1388g
最大飛行時間 18分 30分
センサー 1200万画素
1.2/3型CMOSセンサー
2,000万画素
1’’ CMOSセンサー
静止画サイズ 4:3:4000×3000 4:3:4096×2160
動画解像度 2.7K:2720×1530 25/30 p
FHD:1920×1080 25/30/50/60 p
C4K:4096×2160 24/25/30p 
価格 46,200円 207,680円

引用:DJI社公式サイトより

5.ドローン屋根点検で使うなら結局どっち?

ドローン屋根点検でMAVIC miniを屋根点検で使えるかは…正直使ってみないと分からないです。ただ、ある程度屋根に近づいた状態で撮影すれば使えるのではないかと思います。経験上で気になることは下記2点です。

屋根を撮影した時に、割れやヒビなどがしっかり撮影できるか。
小さいので風に弱くないか。

この2点がクリアできれば、Phontom Pro 4 より使える可能性を感じます。最終的どっちか?というのは現段階での判断は難しいです。実際に使う機会があればもう少し詳しい情報にアップデートしたいと思います。ドローン購入の参考になれば幸いです。

・ご購入や詳しい情報はDJI社公式Webサイトよりご確認ください。
https://www.dji.com/
・200g以上のドローンの申請方法はこちらで詳しく紹介されています。
https://drone-guide.org/dips-sinsei/page-1707/

熊本・福岡で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

無料屋根点検・お見積りを依頼する

関連記事

  1. ルーフィング(防水シート)
  2. 城北瓦 コロニアル 屋根リフォーム時期
  3. アスベスト入りのスレート屋根が心配!見分け方や対策を徹底解説!
  4. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  5. 破風板
blank

blank

blank
PAGE TOP