【住宅向け】屋根の形4種類を比較!メリット・デメリットを解説

住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説

一般住宅向けの屋根と言えばどんな形を思い浮かべますか?馴染みがあるのは和風の瓦屋根や、三角の形をした洋風の屋根などではないでしょうか。

日本でよく採用される屋根の形は主にこの4つです。

・切妻(きりづま)
・寄棟(よせむね)
・入母屋(いりもや)
・片流れ(かたながれ)

それぞれの特徴を見ながらメリット・デメリット紹介します。さらに、それぞれの屋根の形に合ったおすすめの屋根材まで、詳しく解説していきます。

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

本記事の内容
・4種類の屋根の特徴がわかります。
・形に合ったおすすめの屋根材がわかります。

目次

1.住宅向けの屋根の形4種類を比較

名前だけでは、どれがどの形なのかわかりませんよね。写真付きで詳しく解説していきます。

1-1.切妻(きりづま)屋根

栄四郎瓦マットブラウン

もっとも馴染みのある一般的な三角屋根のことです。シンプルな形なので工事が比較的簡単で工事コストも抑えられます。に強く、トラブルが発生しにくいメンテナンス性が良い屋根です。

メリット
・シンプルな屋根なのでコストを抑えられる
・傾斜のついた2面で雨を受けるので、水はけがいい
・屋根裏が広く取れる

デメリット
・屋根のかかっていない面は日光、雨風が直接外壁にあたるため壁が劣化しやすい
・よくある形なので個性が出しづらい
・太陽光パネルは設置面が東西方向に向いていると効率が悪い

デザインで見る!切り妻にオススメ屋根材は瓦!

一般的に馴染みのある瓦との相性が良いです。次にスレート(コロニアル)、アスファルトシングルです。

1-2.寄棟(よせむね)屋根

寄棟の屋根

4方向に傾斜のある屋根で、こちらもよく見る屋根ではないでしょうか。一つの棟に向かって4方向の傾斜が寄り合って作られているため寄棟と言います。

メリット
・4方向から支えているため耐風性能が高い
・デザイン性が高い
・全方向の雨風に対応できる

デメリット
・接合部が多いためしっかり施工しないと雨漏りが発生しやすい
・切妻に比べると全方向に雨樋も必要になるので費用が少しかかる
・屋根裏のスペースはほぼない

デザインで見る!寄棟のオススメの屋根材はスレート!

洋風住宅にスレート(コロニアル)、アスファルトシングルが使われていることが多いです。

1-3.入母屋(いりもや)屋根

植木O様邸08

伝統的な日本家屋に多く使用されている屋根の形で、重厚感のあるデザインです。切妻と寄棟を合わせたような特徴をしています。

メリット
・日本瓦と相性がよく伝統的な印象
・耐風性、断熱性、通気性が高い

デメリット
・施工が複雑なのでコストがかかる
・複雑な形状により、雨漏りのリスクが高い

デザインで見る!入母屋にお勧めの屋根材は瓦!

瓦の中でも日本瓦との相性が抜群で、日本の伝統的な雰囲気を演出し、意匠性が高いです。

1-4.片流れ(かたながれ)屋根

片流れの屋根は、見た目もシンプルでスタイリッシュな印象を与える現代風の屋根です。1方向のみで施工も容易なためコストが抑えられますが、方角による影響を受けやすい形とも言えるでしょう。

メリット
・シンプルな形の為、コストを抑えられる
・屋根同士の接合部がないため屋根からの雨漏りに強い
・方角によっては太陽光、天窓など屋根のオプションが最大限活かせる

デメリット
・雨樋に流れる水が一カ所に集中するため雨樋関係のトラブルになりやすい
・屋根のない外壁への影響が大きい
・1面で受けるため耐風性能が低い

デザインで見る!片流れにオススメの屋根材はガルバリウム鋼板!

最近のモダンなデザインが多い片流れの家にはガルバリウム鋼板がよく使われています。その他にはアスファルトシングルやスレート(コロニアル)。瓦を使われていることもあります。

2.その他の屋根の形

屋根は色んな形があります。スタンダードな4種の屋根以外を少し紹介します。あまり見ない屋根の形はご自宅を個性的で特徴のあるものにできます。

2-1.箕(みのこ)造りの屋根

箕の瓦屋根

お城を彷彿させるデザインで装飾が多く、重厚感ある立派な仕上がりになります。これ以上にないくらい瓦が惜しみなく使われている、瓦職人の高い技術が必要です。

2-2.陸屋根

陸屋根

見た目通り、勾配がない平べったい屋根です。屋上があって、洗濯物を干したり、BBQやお昼寝をしたりと普通の屋根とは一味違った使い方ができます。但し、勾配がないことで水はけが悪く、雨漏りの可能性が高いことから、日本では比較的少ないタイプの屋根です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。一般の住宅でよく使われる屋根の形について解説してきました。屋根の形によって、費用、耐久性、施工の難易度、デザインはそれぞれです。
また、屋根の形屋根材の相性もありますので、屋根工事専門業者の方に相談しながら、ご自宅に一番合った屋根を選びましょう。

今回の記事のポイントを押さえておけば、業者との打ち合わせの際もより深く理解できます。屋根工事の際にお役に立てれば幸いです。是非、参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる