瓦修理のタイミング

瓦修理のタイミング
瓦の劣化による雨漏りは家の老朽化を早めますので、問題個所を見つけたら早めの対応が必要です。
大事なお住まいを少しでも長く丈夫に保つには瓦の危険信号を早めにチェックし、定期的にメンテナンスをすることで大きなトラブルを防ぐことができます。

ここではあれ?と思った際にチェックするポイントをいくつか紹介します。

ポイント1 漆喰のはがれ

なんばんの剥がれ

漆喰とは屋根の棟を被せている箇所を言います。漆喰は通常雨風を凌ぎ、夏の強い日差しから家を守る役割をしています。この漆喰も経年劣化する為、約15年を超えると少しずつ剥がれていきます。この漆喰の剥がれを放置すると瓦が更にずれて、雨漏りしたり、瓦が落下してしまう恐れがあります。一部の漆喰の剥がれで、雨漏りをしていない場合は、比較的小さな工事で済みます。

ただ、一部の漆喰の剥がれを見てご自宅に突然リフォーム業者が来て大きな修理工事を煽ることも少なくありません。漆喰の剥がれに気付いた際はまずはお近くの屋根専門業者に見てもらうのが確実です。修理は大きく分けて以下2つ方法となります。

■漆喰(しっくい)の塗りなおし
漆喰(しっくい)がほとんど剥がれ屋根の上にかたまりが落ちている場合。
■棟の葺きなおし
漆喰(しっくい)がほとんど剥がれ、さらに葺き土も屋根に流れ出る場合は、雨水が侵入し、葺き土に穴が開き、最終的に雨漏りが発生します。

ポイント2 谷やぶれ

修理谷

谷板金の劣化により、水が流れている部分が変色し、亀裂や穴が開きます。
これを長期に渡って放置を続けると雨漏りにより、屋根の下に敷いてある野地板(天井)が腐食し、家の老朽化に繋がります。料金は約8,000円~10,000円/mくらいですので、早めのお取替えをお勧めします。

ポイント3 瓦の劣化

劣化

陶器瓦の寿命は約50年~100年と言われており、非常に長い期間保つことができます。
ただし、ひと昔前に安価で多く使われていたセメント瓦の場合は、寿命は約30年程度で、10~15年ごとに塗り替えのメンテナンスが必要となります。25年以上を過ぎると瓦にコケが生えたり、表面上が砂状になり、瓦の強度かなり弱くなります。家の外見も非常に古く見え、家の見栄えも悪くなります。この場合は新しく瓦の葺き替えを検討されることをお勧めします。

現在は陶器瓦、コロニアル、ガルバリウムなど耐久性とデザイン性を兼ね揃えたバリエーション豊富な屋根材がありますのでご要望とご予算をお伺いしながら最適な屋根材をご提案いたします。

ポイント4 瓦のずれ

瓦のずれ

瓦は経年劣化と共に、少しずつズレが生じます。目で見てすぐ分かるくらい瓦がズレたり、浮いたりしてると、危険信号です。台風時に瓦が飛来したり、隙間から雨水が侵入する原因となります。瓦のズレは小さく感じるトラブルですが、放置し続けると雨水の侵入で垂木(屋根を支える斜めの木材)や野地板(瓦の下に敷いている木材)が腐食し、大がかりな工事になったりする場合があります。

また、1、2枚の瓦のズレなら自分で修理しようと思われる方もいますが、勾配付き(角度が急な)の屋根に登るのは危険です。もしご自分で修理される場合は十分に注意して屋根に登るようにして下さい。屋根専門業者に点検を依頼されることをお勧めします。瓦の劣化の影響で全体的に瓦がズレてる場合は全面葺き替えとなります。

屋根材の耐用年数とメンテナンス時期のおよその目安

屋根材名 耐用年数(目安) メンテナンスの時期 メンテナンス内容
陶器瓦 50年~100年 10年~15年 定期点検
セメント瓦 30年~40年 10年~15年 塗装の塗りなおし
ストレート屋根(コロニアル) 15年~25年 10年 塗装の塗りなおし
ガルバリウム(金属屋根) 20年~30年 5年~7年 定期点検

 

PAGE TOP