意外と知らない…屋根修理は火災保険でおりる場合があります。

近年、日本各地でよく起きている台風や地震の自然災害。実際に台風で瓦が飛んだり、雨漏りがしたりと屋根のトラブルを経験した方もいらっしゃると思います。修理となるとそれなりに費用がかかり、修理を悩んだりしてしまいます。そんな時に役立つのが保険です。ここでは火災だけではなく、風災、雹災、雪災もカバーしている火災保険のメリットとデメリット、保険の申請のタイミングは?などを紹介しています。災害後に役立てて頂けると幸いです。

1.火災保険とは

保険証券

家の購入や賃貸の際に任意で入る保険です。火災保険は損害保険の一種で、火災や落雷のトラブルの損害を補償できる保険です。また、風災、雹災、雪災を保障し、台風で被害を受けた屋根にも適用可能です。

火災保険のメリット、デメリット

メリット

1.火災以外の災害でも使える

火災保険は風災、雹災、雪災でも保険が利用できます。意外とみなさん知らないまま保険証券を引き出しに閉まったままの方が多いです。ご自宅が災害に合った場合は火災保険が利用できるか確認されることをお勧めします。

2.3年遡って申請が可能

よくあるのが、震災時はどこの業者も工事が混んでいて依頼出来きず、結局そのまま放置の方もいらっしゃいます。また、屋根の問題に気付かず、1年後に雨漏りしたなど…もあります。3年迄は保険申請範囲内なので、震災後からしばらく経過していても保険が適用される場合があります。

3.火災保険は申請適用後も保険料は上がらない

火災保険は他の保険と違い、利用しても保険料が上がりません。ですので、何度も申請が可能です。(2019年4月時点)

デメリット

1.お振込みまで時間がかかる

保険の申請から審査、お振込まで、およそ1~2ヶ月程度時間がかかります。
※各保険会社によって条件等が異なります。

2.申請が大変

火災保険の申請をする為には、専門知識が必要です。屋根に登って、壊れた個所の写真撮影や的確な状況説明などが必要です。個人で申請すると必要な情報をちゃんと伝えることが出来ず、保証が適用されなかったりということもあります。屋根専門業者もしくは、家を建てた工務店に屋根点検を依頼されることをお勧めします。

火災保険は地震では使用できない

地震保険と火災保険は異なります。火災保険は地震では利用できませんのでご注意ください。屋根の壊れている箇所が台風の影響か、地震の影響か分からない…など曖昧な説明をすると保険適用外となり兼ねますので、保険申請前にはっきりとした現場検証が必要です。

保険を申請する際のポイント

できるだけ早く申請する

震災後はできるだけ早く申請されるのが、審査に良いと言われています。但し、3年以内であれば保険が適用される可能性がありますので、諦めないでお問い合わせされることをお勧めします。

3年以内の被害のものか確認

3年を過ぎると保障適用外となりますので、余裕をもって申請しましょう。

屋根専門業者に依頼する

保険適用には、屋根の写真や状況説明などが必要です。屋根専門業者もしくは、家を建てた工務店に相談されることをお勧めします。

火災保険の費用目安

各保険会社よって料金、保障内容は異なります。ご自身が加入されている保険契約内容をよく確認ください。

[条件]建物の所在地:東京都 / 建物補償額:1500万円 / 契約年数:10年間 / 面積:100㎡ ※2019/4/13時点

保険会社名 10 年間の火災保険料 1日の火災保険料
東京海上日動 130,050円 37円
損保ジャパン日本興和 124,730円 34円
三井住友海上 113,870円 31円
AIG損保 85,860円 24円
楽天損保 83,700円 23円

こんなケースに役立ちます。

・災害から少し時間が経って、屋根の問題に気付いた。
・火災保険に入っているが、台風、雪害が適用されることは知らなかった。
・災害後3年以内で屋根のリフォーム考えてるが、以前の震災で屋根に傷んだ箇所があるかもしれない。

ただし、保険はあくまでも実際に災害に遭われた方に適用されるものです。「保険を使ってリフォームしませんか?」などを謳うリフォーム業者にはお気を付けください。保険がおりず、高額請求をされたりという被害も御座います。屋根専門業者、もしくは家を建てられた工務店などにご相談されることをお勧めします。当社も相談お受付しておりますので、お困りでしたらお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. ガルバリウム鋼板使用の家
  2. ガルバリウム鋼板
PAGE TOP