屋根工事の流れ

工事の流れ

ご成約が決まりましたら、実際の工事となります。事前に周辺環境を確認します。ご自宅が住宅密集地の場合は、私どもが工事のお知らせとご挨拶周りをし、工事がスムーズに進むよう準備いたします。屋根工事は『かわらぶき技能士』取得者を中心に、ひとつひとつを丁寧に確認しながら仕上げます。また、屋根リフォーム(葺き替え)の場合、10年工事保証もありますので安心です。

ー 目次 ー
 ①防水シート張り (ルーフィング張り)
 ②瓦を引っ掛ける木材の取り付け (桟木打ち)
 ③瓦を屋根に上げる (瓦上げ)
 ④瓦の取り付け (瓦葺き)
 ⑤仕上げ
 ⑥完成

①防水シート張り (ルーフィング張り)

ルーフィング張り

ルーフィングとは屋根の下に敷く、防水シートです。
雨水は瓦や板金で防ぎますが、100%防ぐのが難しい為、この防ぎきれなかった雨水を瓦や板金の下に敷いてあるルーフィングで家への侵入を防ぎます。ルーフィングの耐久年数は約20年です。

ただし、格安で汎用されている”アスファルトルーフィング”の場合は耐久性が約10年程度と短いです。
格安工事をした場合、見えない部分で材料費を抑えている可能性がありますので、注意が必要です。当社は”改質アスルーフィング”を使用していますので、約20年の耐久年数です。ルーフィングはあまり目に入らない部分ですが、重要な役割をしています。

ルーフィング

②瓦を引っ掛ける木材の取り付け (桟木打ち)

桟木打ちとは瓦を引っ掛ける為に、屋根下地の上に一定の間隔で揃えて桟木と呼ばれる木材を取り付けます。
当社は水抜き桟木(15×30)を標準仕様としています。水抜き桟木は、通常の桟木と違い、雨水を水抜きである凹みを通って排水でき、雨水の侵入を防ぎます。

通常の桟木と水抜き桟木は1本15円程度の違いがあります。一軒で約5,000円~10,000円程度の差です。料金は多少上がりますが、屋根材選びを一工夫することで屋根の耐久性をぐっと伸ばすことができます。

水抜き桟木

③瓦を屋根に上げる (瓦上げ)

瓦上げ

瓦上げは、『瓦・屋根材荷揚げ機』、『ユニック車』、『クレーン車』の3つの方法で瓦を屋根に上げます。
瓦上げ方法は屋根材の種類と現場のスペース、周辺状況により異なります。

クレーン

クレーン

ユニック車

ユニーク

瓦揚機

瓦揚機

④瓦を取り付ける (瓦葺き)

瓦葺き

桟木の上に瓦を葺いていきます。ビスでしっかり止めて、瓦が落ちないようにする『引掛け桟瓦葺き工法』で作業を行います。桟木に瓦の裏側にあるツメを引っ掛けて、ステンレスビスでしっかりと留め付けます。昔は『土葺き工法』が主流で、瓦の下に土を敷き詰めて施工する方法でした。ただこの工法ですと、ビスを留めず、土のみで固定している為、瓦が落ちやすいです。これは地震の際に瓦をあえて落として家を軽量化し、家を守るとう考えがあったようです。

今は時代と共に工法も変わり、台風で瓦が落ちるというのは、以前と比べると少なくなりました。ビスで止める箇所も旧工法の4枚に1本のビスから、1枚に1本のビスで止めるよう、よりしっかりと瓦を屋根に止める工法に変わりました。

⑤仕上げ

瓦仕上げ

仕上げは軒に金具を取り付け、それに合わせて受け木(棟芯木)を取り付けます。その上になんばんを乗せて、棟瓦鬼瓦熨斗(のし)瓦などの役物を取り付けます。仕上げは左右と高さのバランスを確認しながら、美しい仕上がりにします。

⑥完成

施工完了

作業が終わったら、現場と現場周りの清掃、片づけを行います。
それから、工事内容を確認し、問題なければ工事完了です。当社は10年工事保障』と『屋根メーカー製品保証』の2つで、アフターサポートも万全です。工事保障と屋根メーカー保証はそれぞれ適用条件があります。詳しくは以下URLをご確認ください。

工事保障詳細についてはこちらから

エリア別 施工実績【熊本】

エリア別 施工実績【福岡】

最近の記事

  1. 全日本瓦工事業連盟
  2. 城北瓦の屋根修理 西区
  3. 城北瓦の屋根リフォーム 大牟田市
  4. 城北瓦 益城 H様邸 カバー工法
  5. 城北瓦 新築 菊水 ガルバリウム
PAGE TOP