DIYで失敗。雨漏り修理を自分でする際に必ず注意すること。

梅雨や秋雨など雨シーズンで心配なのが家の雨漏りです。雨漏りが起きた場合、

「屋根工事業者を呼ぶと費用が高い」
「とにかくすぐに雨漏りを止めたい」
「屋根工事業者が忙しい」

などの理由でご自身で屋根修理をしたことがありませんか。また、屋根専門業者以外に応急処置を依頼したことはありませんか。ここでは自分で雨漏り修理をする際に必ず気を付けることをDIYでの失敗例を使って紹介します。

今回のケースは震災や老朽化でセメント瓦が浮いて、瓦の左側と下側に隙間ができたそうです。セメント瓦は既に30年以上経過してるものが多く、瓦のズレや浮きが多く見られます。大雨や台風で雨の侵入や瓦が飛来が心配で、瓦の隙間全ての箇所に接着(コーキング)処理をされたそうです。

すると…逆に雨漏りが発生。。。何故だか分かりますか?

コーキング止め

屋根染み込み

これは接着(コーキング)処理によって、雨水を流れる為の隙間が全て塞がっています。瓦の下側部分から逃げるはずだった雨水が隙間がない為逆流し、中に溜まってしまう現象です。隙間を塞ぐと換気も悪くなり、中に入った雨水も乾きません。また、こちらのご自宅は築年数が30年以上なので、防水シート(ルーフィング)の機能が低下しており、破れてしまい、桟木まで腐敗していました。さらに、下地(野地板)まで雨水が浸透しカビが発生しています。このまま放置を続けると最終的には下地(野地板)も腐敗し、家を支える他の木材にも伝わります。

雨水が逃げる構造

瓦の基本性能として、本来なら台風などの横殴りの雨が降って横から雨水が侵入した場合、下側から流れ落ちるという構造です。ですので、雨水が侵入してもしっかり排水できる構造なのです。

ただし、屋根工事の基礎知識を知らないと、

「とにかく隙間を埋めれば雨漏りしない。」

「瓦をしっかり接着すれば飛ばない。」

となります。普通はそう思いますよね。

ですが、これが「一番やってはいけない屋根修理」なんです。

この修理をしてしまうと「瓦の葺き直し工事+下地(野地板)の張り替え」となり修理費用も高額となります。本来なら必要のない工事だったかもしれません。屋根工事の基礎知識がなく、ただ修理すると余計にコストがかかってしまう場合がありますので注意が必要です。

では正解の屋根修理方法を簡単に説明します。
瓦を接着(コーキング)で補強したい場合は、以下のように止めてください。

コーキング止め_01

一個所目のコーキング。

コーキング止め_02

二個所目のコーキング。

コーキング止め_03

瓦の左端と左下側を少し接着(コーキング)。これでだけでOKです。

瓦の下側の雨水が流れる隙間をしっかり残して、風で飛ばないようピンポイントで接着(コーキング)する。これがベストな補強です。もしご自宅の既存屋根瓦の隙間が接着(コーキング)されていたら、剣スコップやヘラなどで塞がっている穴を空けて換気と水の流れを良くしましょう。ただし、既に長い間雨水が溜まった場合は野地板が痛んだり、腐っている可能性があるので、屋根専門業者に一度しっかりと点検してもらうのがベストです。

いかがでしたでしょうか。この手のトラブルは雨漏りの原因としてよくあります。これはDIYだけではなく、屋根工事の知識があまりない業者が修理した場合もあります。屋根専門業者以外に修理依頼をしたことがある方は一度屋根を確認されることをお勧めします。外から目視で確認できますので、心当たりがある方はチェックしてみてください。ご自身で屋根修理をされる際に役立てれば幸いです。

ご自宅の屋根がご心配な方へ

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. 雨漏り 天井
PAGE TOP