太陽光パネルを設置する前に知るべき3つのポイントを解説!

太陽光

太陽光パネルを設置する上でのトラブルはあるの?設置するときに注意すべき点を教えてほしい!

このような疑問にお答えします。

今回の記事では、自宅の屋根に太陽光パネルを設置するうえでのポイントや注意すべき点を解説していきます。近年、SDGsへの取り組みも積極的になり、国や地方自治体だけではなく、地球温暖化対策に向けて、オール電化を導入する住宅が増加傾向にあります。

*SDGs = Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

太陽光パネルを導入することで、家庭での光熱費を削減したり、売電収入を得ることができるなどのメリットが多い反面、太陽光パネルを設置後の屋根トラブルが増えていることも事実です。 太陽光パネルを設置するには、土台となる屋根の状態も重要になりますので、導入を検討している方は是非参考にして下さい。

本記事の内容
・太陽光パネルを設置するときに注意すべき点
・太陽光パネルを設置する上でのデメリット
・太陽光パネルの設置に適した屋根

\ ドローン屋根点検・見積もり無料 /

目次

1.太陽光パネルを設置するときに注意すべき3つのポイント

太陽光の設置

太陽光パネルを設置するときに注意すべきポイントを解説していきます。太陽光パネルを設置することでのメリットは多いですが、計画的に設置をしなければ、徐々にメンテナンスコストが余分にかかってしまいますので、注意が必要です。

※太陽光パネルを設置するときに注意すべきポイント
ポイント①:既存の屋根が重量に耐えられるかどうか
ポイント②:設置予定の屋根にひび割れなどの劣化がないかどうか
ポイント③:積雪が多い地域や塩害などの被害がないかどうか

1-1.ポイント①:既存の屋根が重量に耐えられるかどうか

太陽光パネルを設置するためには、既存の屋根が太陽光パネルの重量に耐えられるかどうかを確認する必要があります。 太陽光パネルのメーカーにもよりますが、一般的な太陽光パネルの1枚あたりの重さは、約15kg程度となります。一般家庭の屋根に設置する場合、約20~22枚程度必要となりますので、約300~330kg程度の負荷が屋根にかかることになります。

最近の住宅屋根であれば、太陽光パネルの重さが耐久性に悪影響を与えることはほぼありませんが、昔ながらの屋根瓦の住宅の場合は、瓦だけでも相当な重さになっているため、チェックが必要です。

1-2.ポイント②:設置予定の屋根にひび割れなどの劣化がないかどうか

屋根にひび割れなどの劣化がある状態で太陽光パネルを設置してしまうと、雨漏りトラブルなどで、瓦の交換が必要になった場合、太陽光パネルもすべて取り外して作業をする必要があります。 太陽光パネルの上げ下ろしだけでも、約30~60万円程度必要となりますので、そこに雨漏りした屋根の修理も追加となると、コストが高く、太陽光パネルを導入するメリットがなくなってしまいます。

新しく太陽光パネルを設置する場合は、屋根を新しい状態にした上で、設置することをおすすめします。

※要注意! 経年劣化している屋根の状態を無視して、太陽光パネル設置を勧める業者もいるので、注意が必要。

1-3.ポイント③:積雪が多い地域や塩害などの被害がないかどうか

太陽光パネルを設置するときは、積雪が多い地域、塩害など、地域特有の環境も考慮する必要があります。積雪量によっては、発電量が落ちたり、塩害によってシステムの故障なども考えられます。 その場合、設置を見送った方が良い場合もありますが、最近は塩害や積雪への対策がされている太陽光パネルもありますので、専門業者のスタッフときちんと相談することをおすすめします。

2.太陽光パネルを設置する上でのデメリット

事前に屋根の状態を確認しておかないと、後々、余計にメンテナンスコストが発生することを解説しましたが、実際に太陽光パネルを設置する上で、上記で解説をした注意ポイント以外にもデメリットがあります。

※太陽光パネルを設置する上でのデメリット
①:雨漏りの可能性が高くなってしまう
②:屋根の負担が重くなってしまう

2-1.①:雨漏りの可能性が高くなってしまう

太陽光パネルの普及率と雨漏り被害の件数は比例します。太陽光パネルを屋根に設置する方法として、屋根材に穴をあけ、ボルト・ナットで固定することが一般的です。 屋根に穴をあけるため、雨漏りの可能性が高くなるのは当然です。実際に太陽光パネル設置後の雨漏りトラブルの大半は、穴をあけた箇所からの雨水の浸水です。 そうならないために、穴をあけた部分の雨仕舞対策をしっかりしてくれる業者を選びましょう。

2-2.②:屋根の負担が重くなってしまう

再掲すると、一般的な太陽光パネルの1枚あたりの重さは、約15kg程度となります。一般家庭の屋根に設置する場合、約20~22枚程度必要となりますので、約300~330kg程度の負荷が屋根にかかることになります。 つまり、太陽光パネルを設置していない住宅と比較すると、約300kgの負荷を常に抱えた状態になるということです。 屋根材の経年劣化も早まってしまいますので、定期的なメンテナンス作業も合わせて必要になります。

3.太陽光パネルを設置するのにベストな屋根を紹介

ガルバリウム鋼板 太陽光

太陽光パネルを設置するのにベストな屋根を紹介していきます。一見、屋根の上にパネルを設置しているだけのように見えますが、屋根の条件によって発電効率が結構変動します。 発電量が多い場合、逆に予想よりも発電量が少ない場合もありますので、事前に最適な発電条件を確認しておきましょう。

※太陽光パネルを設置するのにベストな屋根
①:屋根の方角について
②:屋根の形状について
③:屋根の勾配について

3-1.①:屋根の方角について

言うまでもなく、パネルに照射される光の量が多ければ多いほど、発電量は増えます。太陽は東から昇り、南を通って西に沈みますので、南側に設置することが理想です。

※方角別の発電量 北:設置不可 東:85% 南:100% 西:85%

3-2.②:屋根の形状について

屋根の形状により、照射量も変わります。一般的な屋根の形状と特徴をまとめましたので、ご参考にして下さい。

切妻屋根最も一般的な屋根。面積が広く、パネルを多く設置可能。
寄棟屋根住宅密集地に多い屋根。必ず南側にパネルを設置可能。
片流れ屋根1面の屋根が斜めに向いてる状態。パネルを広く設置可能だが、 設置方面が北側の場合は、発電効率が悪い。
陸屋根傾斜がない屋根。屋根全体に設置可能だが、傾斜がつけられない。

3-3.③:屋根の勾配について

太陽光パネルを設置するときの理想的な勾配は、約30度とされています。もちろん、太陽との位置関係は、エリアにより異なりますので、設置エリアでの最適な角度を割り出す必要があります。

<例:地域別角度>
北海道:約34度
鹿児島:約27度
沖縄:約17度

4.まとめ:太陽光パネルを設置するにはタイミングが重要

近年、一般住宅でも設置が進んでいる太陽光パネルについて解説をしました。太陽光パネルを設置するにあたり、屋根の状態も非常に重要になるため、太陽光パネルの設置を検討している方は、屋根の状態も一緒に確認することをおすすめします。 経年劣化している屋根の上の設置はおすすめできないので、屋根の状態を確認せずに設置を勧める業者には注意をしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる