【屋根の修理と葺き替え】失敗しない為の判断基準を徹底解説!

ルーフィング(防水シート)

台風でもないのに雨の日に天井から雨漏りがする、部屋の中に雨染みが…。

実際にトラブルに見舞われ、すぐに対処しなくてはならない時、部分だけ修理すればいいのか?それとも屋根葺き替えをしてしまう方がいいのか?判断が難しいですよね。

修理方法は様々あります。

但し、修理をするには屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)がしっかり機能していることが前提です。本記事ではこのルーフィング(防水シート)の状態を基準に、修理か?屋根葺き替えか?の判断基準を解説していきます。

▼記事を読めばこんなことが分かります
・修理と屋根葺き替え、それぞれの症状に対する対応の具体例が分かる
・修理にするか屋根葺き替えにするか自身が納得できる判断基準が分かる

blank

1.屋根の修理・屋根葺き替えのポイントはルーフィングシート

城北瓦の新築屋根工事 熊本市西区

修理をするのか屋根葺き替えをするのか左右する一つの目安は、屋根材の下に敷かれているルーフィング(防水シート)です。表面に見える屋根材が損傷しているだけならその屋根材を修繕すればいいのですが、中の防水シートが劣化しているとどれだけ屋根がしっかりしていても雨漏りに繋がる可能性が高くなります。

ルーフィング(防水シート)は屋根材で防ぎきれなかった雨水から守る最後の砦の役目をしています。この機能を失うと雨風の際に屋根材の隙間から入った雨水が家の中に侵入し、天井などに染みになって現れます。

通常、全体的にルーフィングがボロボロに劣化している時は、屋根材も劣化していることが多く、屋根の全面リフォームになるケースが多いです。

1-1.まずは定期的な点検とメンテナンス

自宅の屋根が今どのような状態であるか、一般の人が見分けることは難しいです。築年数や外傷(キズ・割れ・塗装・歪み)で外見は判断できても、中がどうなっているかを見極めることはできません。

防水シートの耐用年数は約15年~20年です。周辺環境が良かったり、使っている屋根材が良いと約30年経過しても大丈夫な場合もあります。但し、その状況を把握はできないのがほとんどですよね。

屋根点検をはじめ、できればしっかりした業者さんに定期的なメンテナンスをお願いすることをおすすめします。

1-2.放っておくと雨漏りになってしまう

ルーフィング(防水シート)の劣化、屋根材の劣化、その他にも雨樋が根詰まりを起こして排水機能が低下しているなど、雨漏りの原因となる屋根の劣化症状は様々です。放置しておくと実際に雨漏りが発生し、酷くなると屋根葺き替えしかできない状態になったり、家の中に雨漏りが浸食したり、屋根だけに留まらなくなってしまいます。

2.症状別に見る、屋根の修理と屋根葺き替えの基準

屋根を定期的にメンテナンスしておくことで、いつ頃に次の補修が必要で、または屋根リフォームの時期が近づいているなど、屋根の状態を事前に知ることができます。特に屋根葺き替えは期間と費用もかかりますので、前もって知っておくと準備をスムーズに進められるでしょう。

2-1.修理のケース

基本的に修理で済むのは部分的な劣化もしくは災害による部分的な損傷の場合です。30年以上が経過し、全体的に劣化が進んでいる場合は屋根葺き替えとなる場合が多いです。部分修理であれば1回にかかる費用は抑えられますが、他の箇所が壊れるとまた修理が必要になるのが修理のデメリットです。

▼例えばこんな時
・屋根材のヒビ・割れ・欠け・サビなど
・屋根材が反っている・ボロボロ
・素材が水を吸って変形している
・棟板金の浮き・留め具の釘やビスが浮いている
・漆喰の劣化

2-2.屋根葺き替えのケース

劣化ルーフィング
劣化した防水シート。下地の野地板が見えています。

前述したような屋根の下、防水シートの損傷など致命的な劣化が見られる場合には屋根葺き替えを推奨します。費用が約100〜200万円と高くなりますが、今後の修理の心配もなくなり、家の寿命も伸びます。

▼例えばこんな時
・全体の防水シートが完全に劣化している
・屋根材が耐久年数に達している
・いっそ屋根材から見直して災害対策を強化したい

2-3.屋根の修理と屋根葺き替え 費用の違いと目安

実際の修理や屋根葺き替えをする時の費用をまとめます。

部分修理

項目 費用相場
屋根材の交換・ひび割れ補修 瓦・化粧スレート 1万~
棟板金の取り替え 3万~10万円
漆喰補修 5,000円/m
その他、雨漏り修理 3~40万円

屋根葺き替え

項目 費用相場
屋根塗装 40~80万円
重ね葺き(カバー工法) 80~120万円
葺き替え 100~200万円

※約30坪を目安としています。

詳しい費用を知りたい方はこちらから
工事費用について

3.耐久性の高いおすすめの屋根材を3選

耐久性の高い屋根材を3つご紹介します。

3-1.ROOGA

城北瓦の新築屋根工事 熊本東区 ROOGA 鉄平

陶器瓦の約半分の重さを実現した防災性能の高い瓦です。構造としてはセメントトセイン材料で作られています。通称「割れない瓦」と言われていて、JIS規格に準拠した耐衝撃性試験においても割れやクラック(いわゆるヒビ)ができないほどです。

軽さゆえに地震に強く、瓦を釘で固定することにより台風にも強いという優れた耐久性能を持っています。

▼城北瓦での施工事例
【熊本市・東区】ROOGA(ルーガ)の屋根工事
▼商品情報
ケイミュー株式会社 ROOGA

3-2.プラウドUU

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

和・洋どちらでも対応可能な防災性能の高い瓦です。再塗装不要でなんと約50年以上の耐久性能があります。プラウドUUの耐久性能が高い理由は、瓦が瓦を押さえ込む構造を採用しており、強風や地震などによる瓦のズレを防ぐからです。

耐震性、防水性に加えて風にも強い陶器瓦にも関わらず、どんな家にも合わせやすいデザインにもなっているので外観的にも選びやすいおすすめの瓦となっています。

▼城北瓦での施工事例
【熊本・荒尾市】H様邸 瓦葺き替えの屋根リフォーム
▼商品情報
栄四郎瓦株式会社 プラウドUU

3-3.リッジウェイ

城北瓦の屋根リフォーム 筑後

北米では100年以上の歴史を誇るアスファルトシングルという屋根材です。シート状になっており非常に軽量なのが特徴です。震災の影響を受けて屋根を軽量にしたいと希望される方が増えてから定番化しつつあります。

この屋根材の良いところは軽さによる耐震性や防水性、防音性など耐久性も高いことですが、万が一台風で屋根材が飛ばされても、その軽さによって被害が小さく済むこともあります。洋風のおしゃれな外観にもよく使われるので、最近人気の屋根材です。

▼城北瓦での施工事例
【福岡・大牟田市】K様邸 カバー工法による屋根リフォーム
▼商品情報
旭ファイバーグラス リッジウェイ

4.まとめ

修理と屋根葺き替えの判断基準や、屋根葺き替えをする際に知っておくと良い屋根材の紹介などをしてきました。

屋根の葺き替えが必要になるのは屋根材の下にある、ルーフィングシートの劣化が大きく関係してきます。ルーフィングシートがボロボロの状態になるのは年数がかなり経っているか、屋根材が劣化して、雨水が入り、ダメージを受けているかです。このような状態であれば、家本体への被害が広がらないよう屋根葺き替えすることをおすすめします。

修理で済む範囲は軽微なので気になりませんが、その後にも同じような修理が続くと結果的に高額な修理になってしまうことがあります。経過年数と、過去に何度点検やメンテナンスを行ったかによっても変わってくるでしょう。修理や屋根葺き替えで余計な出費を出さないためにも、数年に一度は点検やメンテナンスを行って良い状態を保つようにしてくださいね。

熊本県北部・福岡県南部で屋根がご心配な方は『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

無料屋根点検・お見積りを依頼する

blank

関連記事

  1. 住宅向け 屋根の形4種類を比較 メリット・デメリットを解説
  2. 軒ゼロ住宅
  3. カバー工法ができるスレート屋根の条件
  4. 城北瓦 意外と知らない 屋根修理 火災保険
  5. 城北瓦 セメント瓦 屋根葺き替え 時期
blank

blank

blank

最近の記事

  1. 大牟田 T様 お客様の声
  2. blank
  3. 屋根リフォーム 栄四郎瓦 プラウドUU 鹿央町 M様邸
  4. 荒尾市 Y様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
  5. 熊本市東区 E様邸 屋根葺き替え 栄四郎プラウドUU
PAGE TOP