耐久性で考えるおすすめの屋根材9選!地震や台風にも安心


近年多発する自然災害。毎年、日本各地で発生する大雨や台風によって、住宅は甚大な被害に晒されています。時代と環境に合わせた家づくりを求められるなか、屋根材も建物を守る重要な部材なので、長く安心して生活するためには耐久性の高い屋根材が求められます。

そこで、今回は耐久性を中心に考えたおすすめの屋根材をまとめました。

▼記事を読めばこのようなことが分かります
・水に強い屋根材
・地震に強い屋根材
・耐久性が高い屋根材

1.水に強い屋根材3選


どの屋根材も水に強く作られていますが、台風の横雨や近年多発する想定外の集中豪雨による雨量は100%は防ぎきれない場合があります。

ただ、屋根材で少し防ぎきれなくてもそれぞれの屋根材の下にはルーフィング(防水シート)がある為、問題はありません。ここではあくまでも水が入りこみにくい、染みにくいという観点から選んだ3選をご紹介します。

1-1.水に強いハイブリッド瓦

ROOGA 雅

ハイブリッド瓦は、瓦の形状や質感はそのままに、軽量化に成功した新しい屋根材です。素材に樹脂繊維を混ぜることで、独特の粘りが出て割れにくい屋根材として注目を浴びています。ジョイント部分の精度が高いので、風の侵入を防ぎ、台風時でも大雨から建物を守ってくれるという特徴もあります。

ハイブリッド瓦の軽量化の秘密は、樹脂内に含まれている無数の気泡です。この気泡は樹脂膜で保護されているので、雨による劣化にも強いです。ハイブリッド瓦は、台風や雨が多い地域でも安心して長期使用できる屋根材です。

1-2.水に強い自然石粒仕上げ金属屋根材


出典:DECRA屋根システム

自然石粒仕上げ金属屋根材は、アルミ、亜鉛、シリコン製の屋根材の表面に自然石を付着させた屋根材です。主な特徴としては、表面の自然石が雨音を吸収してくれる点です。屋根の表面に自然石の細かい凹凸が付いているので、雨が当たる面積が小さくなり防音性に優れています。

室内に雨音が響かないので、夜寝る際も快適に眠れるでしょう。大雨の際に騒音が気になっている方は、自然石粒仕上げ金属屋根材がおすすめです。耐用年数が30年〜50年と長期に渡って使用できる耐久性も、自然石粒仕上げ金属屋根材の魅力です。

1-3.水に強いSGL鋼板屋根材

スーパーガルテクト
出典:アイジー工業

SGL鋼板屋根材は、従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを加えた金属製の屋根材です。既存のガルバリウム鋼板は金属製なので錆びやすいという欠点がありました。しかし、SGL鋼板屋根材は、素材にマグネシウムを加えることで錆びにくい屋根材へと進化しています。

塩害にも強くなり、海岸に近い住宅の屋根材としても使用されるようになってきました。SGL鋼板屋根材は、錆に悩んでいる方におすすめの屋根材です。

2.地震に強い屋根材3選


日本は地震大国なので、屋根の地震被害が怖いと心配になる方は少なくありません。そのような方には、地震に強い以下の3つの屋根材をおすすめします。地震に備えたいという方は、下記の屋根材を検討してみてください。

2-1.地震に強いSGL鋼板屋根材

スーパーガルテクト
出典:アイジー工業

SGL鋼板屋根材は、通常の瓦と比べて軽くて耐震性に優れている屋根材です。SGL鋼板屋根材の厚みは0.35mmとかなり薄いので、屋根全体に使用することで重量を大幅に軽減することができます。屋根が軽くなることで地震の際に建物の揺れを抑えられ、ダメージを軽減してくれるのでおすすめです。

現在では断熱材一体型のSGL鋼板屋根材も登場しており、断熱効果もアップしています。

2-2.地震に強いガルバリウム

城北瓦 新築 菊水 ガルバリウム

ガルバリウムは、金属製の屋根材です。その厚みは1mm〜3mmとかなり薄い仕上がりになっていて、軽さと耐久性を両立させました。施工の際は金属同士を噛み合わせるので、耐震だけでなく耐風にも優れています。地震で瓦がズレてしまった方でも、ガルバリウムならズレの心配がありません。

ガルバリウムは既存の屋根材の上からのカバー工法も可能なので、リフォーム時の屋根材としても人気です。

2-3.地震に強いアスファルトシングル

下益城郡 城北瓦の新築屋根工事

アスファルトシングルは、アメリカやカナダなどの北米で一般的な屋根材です。通常の瓦やストレート屋根と比較して重量が軽く、屋根瓦と比較すると約5分の1ほどの重量しかありません。地震が多い日本では、この軽量でオシャレなアスファルトシングルの需要が年々高くなっています。

また、多様な色を選べるので、どんなデザインの住宅でも使用可能です。オシャレなデザインと耐震性を兼ね揃えたアスファルトシングルは、地震が多い地域におすすめの屋根材です。

3.耐久性が高い屋根材3選

blank
屋根材には耐水性や耐震性が重要ですが、耐久性も疎かにはできません。ここでは、耐久性が高い屋根材を3つ紹介していきます。耐久性はメンテナンスに関わる項目なので、以下の屋根材の特徴を参考にしてください。

3-1.耐久性が高い釉薬瓦

城北瓦の屋根リフォーム 和水町

釉薬瓦は、瓦の表面に釉薬を塗ってから焼き上げた瓦です。J型、F型、S型と形状が異なる製品から好みのデザインを選べるので、和風の住宅から洋風の住宅まで建物を選ばずに使用可能です。瓦の表面に塗布した釉薬がコーティング剤の役割を果たしてくれるので、瓦に雨が染み込まずに長期間使用できます。

現在の釉薬瓦は、耐久性が非常に高く、約50年以上使用できるので、人気の屋根材です。美しい外観を保ちたい方は、釉薬瓦を検討してみてください。

3-2.耐久性が高い素焼き瓦 

素焼き瓦

素焼き瓦は、粘土をそのまま焼き上げた瓦です。その優しい色合いと高い耐久性が特徴で、日本のみならずヨーロッパでもよく使われている瓦です。日本では、主に洋風の住宅に多く使用されています。素焼き瓦の耐用年数は30年〜50年と、耐久性が高い瓦として有名です。また、吸水性にも優れているので、湿気を吸収してくれる働きもあります。

素焼き瓦は、明るくて優しい色合いの瓦を探している方におすすめの瓦です。

3-3.耐久性が高いいぶし瓦

玉東町 徳成寺 リフォーム後

いぶし瓦は、高温で焼き上げた後に蒸し焼きにして作る瓦です。ストレート屋根や金属製の屋根材と比べると耐久性が高く、織田信長が続いた安土城にも使用されたことでも有名な瓦です。兵庫県淡路島の淡路瓦が3大ブランドと呼ばれていることから、いぶし瓦は、主に関西地方を中心に全国的に使用されています。

和風なデザインの瓦なので、社寺・仏閣や和風の住宅との相性が良く、独特の重厚感が特徴です。

4.まとめ

今回は耐久性という点でお勧めの屋根材を紹介しましたが、最近の屋根材はどれも非常に優れています。

デザイン、費用、将来的なメンテナンス費用・ライフサイクルなど、屋根材を選ぶ理由は様々です。それぞれの屋根材に特徴がありますのが、お住まいの地域の気候、周辺環境に合わせて、ご検討されると良いでしょう。参考になれば幸いです。

熊本県北部、福岡県南部の屋根工事なら『城北瓦』にお任せください。

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根リフォーム・屋根点検・屋根修理ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームにてお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けております。お気軽にご利用ください。

メール・LINEで相談する


blank

関連記事

  1. 雨漏りの原因となる雨樋の5つの不具合とは?
  2. ルーフィング(防水シート)
  3. 城北瓦 悪徳屋根 リフォーム業者 見分け方
  4. 平板瓦(F型)について
blank

blank

blank

最近の記事

  1. ガルバリウム鋼板屋根の耐久性
  2. アスファルトシングルのメンテナンス方法
  3. ガルバリウム鋼板の遮音性
  4. カバー工法ができるスレート屋根の条件
  5. コロニアルグラッサが長持ち
PAGE TOP