中古住宅を購入する際に抑えておくべき屋根の形は?

リフォーム

最近流行りの中古住宅のリフォーム。少子高齢化の影響で空き家は増えるばかり。中古の家の価格も安くなり、田舎だと土地付きで300万円位でもあったりします。そこからリフォームに500万~700万程度かけて合計800~1,000万円程度で立派な家に蘇ります。リフォーム前は「あんな部屋やこんな部屋にしたい。」など夢膨らませて内装のレイアウト、設備など計画を建てたりしますよね。

そんな時何か一つ忘れてませんか?

「そう。屋根なんです。」

屋根はあまり重要視されない為、結構見落としがちです。中古住宅購入後に屋根のリフォーム(葺き替え)工事が必要だと気付いた際、想定外の予算オーバーとなります。ただ、屋根がしっかりしていないと、せっかくリフォームした内装も雨漏りで台無しになります。リフォームで一番最初にするのが屋根工事となります。実は屋根工事はリフォームする際に気を付けなければならない重要なポイントの一つです。

中古住宅を購入前に屋根を確認しましょう

リフォームのポイント

まずは中古住宅を購入する前に屋根の状態を確認しましょう。

雨漏りをしていなくても既存屋根が

「今どのような状態で」

「耐久性はあとどのくらいか」

を屋根専門業者にチェックしてもらった方が良いでしょう。数年後に屋根リフォーム(葺き替え)が必要なると大きな負担となり、なかなかできません。家を購入後に「よく見たら屋根が…」とならないようにしましょう。

屋根リフォーム(葺き替え)工事はコストがかかりますが、築30年以上の中古物件であれば、屋根リフォーム(葺き替え)工事も一緒に検討される方が良いかと思います。将来的なメンテナンスと費用、そして雨漏りの心配がなくなります。

今回は屋根リフォーム(葺き替え)工事をできるだけ安く、将来のメンテナンスを減らすという視点でお勧めする・しない屋根の形を紹介します。費用、メンテナンスだけを考えると、複雑な屋根の形状はお勧めしません。シンプルな形状の屋根をお勧めします。

お勧めする屋根の形:片流れ、切妻

片流れ屋根切妻屋根

屋根の形がシンプルな為、屋根リフォーム(葺き替え)の工事費用が抑えられます。メンテナンスもあまり手がかからりません。屋根材も豊富でデザインも和風・洋風どちらも可能です。

あまりお勧めしない屋根の形:入母屋、荷のこなど複雑な屋根

入母屋屋根

屋根の形が複雑な為、屋根リフォーム(葺き替え)の工事費用が高くなります。また、熨斗(ノシ)瓦や、鬼瓦などの使用屋根材が多い為、メンテナンスが大変です。修理の際の費用も高くなります。(但し、昔ながらの日本家屋や古民家が好みの方にはお勧めです。)

中古住宅リフォーム

いかがでしたでしょうか。中古物件は安く購入できる分、新築住宅と異なり、各家によって状態が違います。今後のメンテナンス踏まえて、慎重に選びましょう。念入りに確認しておくことで、購入後のトラブルを防ぐことができます。中古住宅を購入される際は見落としがちな屋根をチェックすることをお勧めします。

ご自宅の屋根がご心配な方へ

ご自宅の屋根が心配な方は屋根専門家による、無料屋根点検も行っております。最新のドローンを使った点検は約30分程度で簡単に点検も可能です。早めに家のメンテナンスをすることで、家へのダメージを軽減できます。屋根点検ご希望の方は、下記よりお電話、メールフォームよりお問い合わせください。LINEでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。


関連記事

  1. セメント瓦の歴史01
  2. 城北瓦のLINE相談
  3. ガルバリウム鋼板
  4. 日本庭園
  5. 人手不足
PAGE TOP